どうにかしたい寝起きの口臭!息爽やか美人になれるおすすめの方法

どうにかしたい寝起きの口臭!息爽やか美人になれるおすすめの方法

自分自身の寝起きの口臭がきつい!と驚いた経験はありませんか?一人暮らしならまだしも、カップルや夫婦の場合「相手に嫌がられていたらどうしよう」と悩んでしまうものですよね。こちらでは寝起きの口臭を防ぐおすすめの方法についてご紹介致します。

寝起きの口臭がきつい原因は何?

起床後すぐの口臭はモーニングブレスと呼ばれており、誰にでも起こりうる口臭トラブルと言われています。睡眠中は唾液の分泌量が減るため、細菌が増殖しやすくなるそうです。さらに、舌や歯の隙間に食べカスや汚れが残っていると口腔内の細菌がこれらを分解し始めるのですが、分解する際に揮発性硫黄化合物を大量に作るため、腐敗した卵のようなツーンと鼻を指すニオイが発生してしまうんだとか…。

【起床後の口臭を確認するには?】
起床後、自分自身の口臭を確認するにはビニール袋に息を吐き、1分程を目安に置きましょう。その後ニオイを確認してみて、不快に思わないようであれば問題ないと言われています。また、家電量販店などに行けばブレスチェッカーを購入することができるそうです。

寝起きの口臭を抑えるおすすめの方法

起床後の口臭は唾液の量や汚れ・細菌の数によって大きく変化するので少しでも爽やかな朝を迎えるには毎日のお手入れ方法について見直すことが大切と言われています。

【寝起きの口臭を抑えるおすすめの方法】
<歯磨き>
夜寝る前にきちんと歯磨きを行うことで細菌の繁殖を防ぐことができるそうです。また、奥歯や歯の隙間は汚れが溜まりやすいため歯間ブラシを活用することをおすすめします。

<ストレスを溜めない>
日常的に強いストレスを感じていると唾液の量が減少してしまうそう。唾液の量は自律神経が整うことで増加すると言われています。自律神経を整えるにはリラックスしたり、バランスの良い食生活を送ると良いそうです。

<水分補給>
口腔内の乾燥を防ぐために、就寝前にコップ1杯の水を飲むようにしましょう。

<舌の清掃>
粘膜上皮の細胞や死んだ細菌からできた舌苔が舌の上に付着していると口臭の原因になりやすいです。1日1回を目安に舌専用のブラシもしくは軟らかい歯ブラシで舌を磨くようにしましょう。

寝起きの口臭をテーマにお届け致しました!エチケットの一つとして是非参考にしてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事