手の甲はシミができやすい…いまのうちからしておきたいシミ対策

手の甲はシミができやすい…いまのうちからしておきたいシミ対策

手の甲は、常に露出しているため一年中紫外線が当たりやすい部分。日焼け止めを塗っても、手を洗ったり水に触れると落ちやすく、顔よりもお手入れを疎かになりがちです。年齢が出やすい手の甲にシミを作らないためにも早めの対策をしていきましょう。

手の甲は身体の中でも特にシミができやすい!?

手は常に服の外に出ているため紫外線の影響をダイレクトに受けやすく、家事や仕事などで酷使しやすい部分です。そのため手は顔よりも年齢が現れやすいと言われています。

また、乾燥や紫外線、加齢などにより肌のターンオーバーが乱れるとメラニンが肌の内部に留まってシミの原因に…。一度シミができるとなかなか綺麗に治らないので早めにケアしておきたいところです。

手の甲にシミを作らせないためのハンドケア方法

日焼けだけでなく、やけどや虫さされなどが炎症を起こし、だんだん変化していって炎症後色素沈着につながる可能性も。やけど、虫さされ、かぶれなどの炎症が起きると、肌を守る働きが活発になりメラノサイトが刺激されてメラニンを大量に作り出すことに…。ターンオーバーがうまく行われていないとこのメラニンがうまく排出されずにシミになってしまうと言われています。

これからシミを作らない・すでにできてしまった手の甲のシミを濃くしないためにも、まずは毎日こまめに手の甲にまでしっかりと日焼け止めを塗って紫外線から守ることが重要です。特に自転車や車を運転するときには手の甲に紫外線が降り注ぎやすいので、アームカバーや手袋などを活用して紫外線を当てない工夫をするといいでしょう。

また、食器洗いやお風呂掃除などの水仕事が終わったあとは素早く手についた水分を優しく拭き取って、乾燥から手を守るために保湿力の高いハンドクリームでしっかり保湿ケアをしてくださいね。夜のスキンケアの延長や寝る前に顔に使っている美白化粧水と美白美容液を手の甲に塗ってあげるのも効果的ですよ!

紫外線対策と保湿ケアを徹底して手の甲のシミへアプローチ

シミのない自信のある手の甲を手に入れるためには、毎日日焼け止めを塗って紫外線対策をしたり、水仕事をした後はすみやかに手についた水分を取ってハンドクリームを塗り、スキンケアの延長で美白ケアをすることがポイントです。まずはできることから始めてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事