冬は乾燥による「頬ニキビ」に気を付けて!最適なスキンケアを

冬は乾燥による「頬ニキビ」に気を付けて!最適なスキンケアを

毎日きちんとスキンケアをしているのにある日ポツンと頬ニキビができてしまうと気分が沈んでしまいますよね。頬ニキビはとくに乾燥しやすい冬に注意が必要です。この記事では頬にできるニキビの原因と対策についてお伝えしていきます。

頬ニキビは乾燥が大きな原因かも…

意外なようですが、頬は顔の中でも特に皮脂の分泌量が少なく、肌を外部の刺激から守る皮脂膜がつくられにくいと言われています。そのため、化粧水をつけてもそのままにしておくと水分が蒸発して乾燥が進み、ターンオーバーが乱れがちに…。

肌のターンオーバーが乱れることで皮膚の外側にある角質がどんどん厚くなり、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってニキビの原因になってしまうというわけなのです。

頬ニキビには保湿ケアが欠かせないって本当?

ニキビは過剰な皮脂分泌によるものが大きな原因ですが、肌が乾燥したまま放置しておくと皮脂分泌が促されてしまいます。そのため、冬は特に乾燥しやすい頬の保湿ケアを行うことが大切です。洗顔料はなるべく保湿成分が多く含まれていて洗顔後肌がつっぱりにくいものを選んでたっぷりの泡で包み込むように洗っていきましょう。洗顔後はすみやかに化粧水を馴染ませて、保湿力の高い美容液を部分的につけたり、定期的にシートマスクやパックなどを使うのも効果的!潤いを逃さないように乳液やクリームをつけて蓋をしてくださいね。

また、頻繁に頬ニキビができやすい方はファンデーションの見直しも重要です。特に気をつけたいのが汗や皮脂に強いウォータープルーフのファンデーションや肌との密着度が高いリキッドファンデーション、クリームファンデーション。カバー力や持ちがいい分、肌に負担がかかってしまうので、なるべく肌への負担が少ないと言われているパウダータイプのファンデーションを選ぶのがおすすめですよ。

それだけでなく頬は日焼け止めや化粧下地、ファンデーションやチークなどをつけるため毛穴に皮脂とメイク汚れが詰まりがち。きちんと落とせていないとニキビの元となるアクネ菌の栄養源となってしまうため、毎日しっかりとクレンジングをしてメイクを落としましょう。

寝ている間、頬が常に触れている枕カバーもこまめに取り替えて

どんなにスキンケアに気を遣っていても、寝ている間に頬が触れる枕が汚れていると雑菌によりニキビが炎症したり、ニキビができてしまう可能性があります。2日に1回を目安に枕カバーを取り替えて常に清潔な状態にしておくことも大切ですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事