電車やオフィスの暖房全開で肌がパリパリ!乾燥から肌を守るには?

電車やオフィスの暖房全開で肌がパリパリ!乾燥から肌を守るには?

冬の乾燥は美容の大敵!これは言わずもがなですが、乾燥に拍車をかけているのが電車やオフィスで惜しげも無く使われている暖房です。寒さを防ぐためには重要ですが、美容面では気をつけなければお肌はパリパリになってしまいます!

オフィスや電車の乾燥でお肌がカサカサ!シワやたるみの原因に?

毎朝通勤で電車に揺られる40分。降り注ぐ暖房の熱気と満員の車両に加え、身にまとった厚手の冬服が必要以上に体を温め続けます。オフィスについても、朝からフル稼働の暖房の風は顔をなでるようにそよぎます。

そんな毎日で、お肌はカラカラに干からびて悲鳴をあげていませんか?

お肌が乾燥すると、お肌のバリア機能が低下してシワやたるみの原因になると言われています。さらにカサカサしたお肌は、メイク直しも一苦労ですよね。毎日の通勤や仕事で、お肌の老化は加速しているかもしれないと思うと、やはり対策は欠かせません。

乾燥は肌だけじゃない!髪の乾燥対策も抜かりなく!

そんな乾燥した空間でできる対策として、化粧水だけで乾燥対策してしまいがちですが、すぐに乾いてかえって乾燥を招くことにもつながりますので、乳液や美容液で乾燥を防ぐのがおすすめです。

またマスクを使用するのも手軽な乾燥対策として効果的です。顔周りを自分が吐く息で保湿することができるので、おすすめの方法。マスクのサイズは大きめのものを選べば、より広くカバーすることができるでしょう。

また乾燥は外側だけでなく、内側からのケアも重要です。こまめに水分を補給して潤いを絶やさないようにしましょう。

もし可能であれば、デスクに小さな加湿器を設置できると理想的ですが、難しい場合はコップにお湯、もしくは水を入れて置いておくだけでも加湿効果があると言われています。濡らしたハンカチを置くのも効果的です。

乾燥は顔まわりに意識しがちですが、手や髪の乾燥にも注意しましょう。手を洗ったらハンドクリームなどで保湿を徹底し、髪は朝のスタイリング時に洗い流さないトリートメントなどで髪にしっとりと潤いを与えておきましょう。

お肌や髪の状態をしっかり見ながら、電車やオフィスの乾燥対策を徹底して、老化を防ぎましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事