睡眠不足は太りやすい?! 睡眠とダイエットには深い関係があった!

睡眠不足は太りやすい?! 睡眠とダイエットには深い関係があった!

睡眠不足は美容の大敵とよく言われますが、睡眠はダイエットとも深い関係があるのだとか。きちんと眠らないと太りやすいと言われる理由はなぜでしょうか?睡眠で痩せやすくなる為のポイントも併せてチェックしてみましょう!

睡眠不足で太りやすくなる?睡眠とダイエットの関係とは

効果的にダイエットをする為には、睡眠がとても大切だと言われています。米コロンビア大学の研究チームが、睡眠時間と体重の関係を調査した結果によると、平均睡眠時間が7〜9時間の人に比べ、4時間以下の人で73%・5時間で50%・6時間で23%、肥満率が増えるということが分かりました。

【睡眠不足で太りやすくなる理由とは?】
睡眠不足になると、ホルモン分泌のリズムが乱れるとされています。睡眠時間が短いと、食欲を増進するホルモン「グレリン」が増え、食欲を抑えるホルモン「レプチン」が増える為、必要以上に食べてしまいがちになるのだそうです。また、ストレスホルモンとも呼ばれる「コチゾール」が増加すると、基礎代謝が低下すると言われています。コチゾールは睡眠中に分泌が抑制されるので、起きている時間が長いと太りやすい身体に。そして、脂肪燃焼や筋肉の成長を促す作用のある「成長ホルモン」は、深い睡眠状態の時に分泌されるので、睡眠不足ではダイエットをする上では非効率となってしまうと言われています。

睡眠時間を確保しよう!睡眠をダイエットに役立てるポイント

しっかりとした睡眠をダイエットに活かす為のポイントをチェックしてみましょう!

◎睡眠時間は7時間以上を目指そう
米コロンビア大学の研究結果から見ても、睡眠時間が7時間未満になると肥満率が上がってしまうので、7時間以上の睡眠時間を確保するようにしましょう。

◎遅くても深夜3時には眠りについていること
22時〜2時の間に眠るのが理想的ですが、成長ホルモンが多く分泌される時間帯とされる深夜3時までには眠っているようにしてください。

◎眠る3時間前までに食事は済ませる
食後すぐに眠ってしまうと、胃腸がフルに働いている状態なので、睡眠の質が下がってしまいます。出来れば夕食から寝るまでは3時間程空け、胃腸の動きが落ち着いてから眠りにつくのが理想的だとされています。

◎寝る前はブルーライトの光を浴びない
なかなか難しいのですが、睡眠の質を悪くするので、寝る前のスマホ・パソコン・テレビは控えるようにするのがオススメです。

運動や食事制限をしているのに、なかなか痩せない…という方は、睡眠不足が関係している可能性があるかもしれません。質の良い睡眠をしっかり取って、ダイエットに役立てましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事