「絶頂睡眠」へと導く!? 快眠のツボやヘッドマッサージについて

「絶頂睡眠」へと導く!? 快眠のツボやヘッドマッサージについて

仕事や恋愛の悩みなど精神的なストレス抱えていると、体はどんなに疲れていてもなかなか寝付けない…という日もあるものですよね。そんな時は心地よい眠りへ導いてくれるセルフマッサージを実践してみてはいかがでしょうか?

快眠のツボについて〜内関・安眠編〜

今回ピックアップする2つのツボはベッドに横たわった状態でもマッサージすることができるので、寝る直前のタイミングで刺激すると良いでしょう。また、最近では火を使わず煙が出ないタイプのお灸などもあるため、マッサージが面倒に感じる場合はそのようなアイテムを取り入れることをおすすめします。

【快眠に導くツボ】
<内関>
内関をマッサージすることで乱れた自律神経を整え、良い眠りへの効果が期待できます。また、内臓と深く関係するツボなので二日酔いを緩和する作用もあるのだとか。内関は手首を曲げた時にできる横ジワの中央部分から親指二本分肘に向かったところにあるくぼみです。内関の場所がわかったら親指の腹を使って優しく(皮膚が少しへこむ程度の力)3秒間押し、3秒経過したら今度は3秒かけて指をゆっくり離していきましょう。このマッサージを左右5回ずつで1セットとし、朝・晩それぞれ1セット行うようにしてください。

<安眠>
耳たぶのすぐ後ろにある乳様突起(円錐状の突起)から指一本分下を押すと「痛い」と感じるところがあります。ここが「安眠」のツボでその名称通り、睡眠の質を向上する効果が期待できるんだとか。マッサージする際は親指でじっくり5〜6回程プッシュするようにしましょう。

快眠へ導く!ヘッドマッサージのやり方

最後に快眠効果が期待できるヘッドマッサージのやり方についてご紹介したいと思います。入浴後、血行が良くなっているタイミングで実践すると頭皮のコリが更にほぐれやすくなります。

【絶頂睡眠へ導く!?ヘッドマッサージのやり方】
1.手を「ワシの手」にし、頭頂部を開くようなイメージで5回耳の方へゆっくり押し流していきましょう。
2.引き続き「ワシの手」で耳の上から頭頂部へ向かって5回揉み上げます。

快眠のツボやヘッドマッサージをテーマにお届け致しました!睡眠に関する悩みを抱えている方は是非一度お試しください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事