100年の恋も一瞬で冷める!? お尻のブツブツの原因やケア方法!

100年の恋も一瞬で冷める!? お尻のブツブツの原因やケア方法!

お風呂上がりに鏡を見てみるとニキビのようなブツブツができていた…とショックを受けた経験はありませんか?「これくらい大丈夫!」とそのまま放置してしまうと更に「汚尻化」してしまい、彼に引かれてしまう可能性も!?

お尻にブツブツができる原因は何?

お尻にブツブツができる原因として下記のようなものが挙げられます。

【お尻にブツブツができる原因は何?】
<摩擦>
お尻に摩擦刺激が加わると皮膚の防衛反応によって角質が厚くなってしまうそう。角質が厚くなればなるほどターンオーバーの乱れが発生し、ニキビの初期段階であるコメドと呼ばれるぶつぶつができてしまうんだとか。私たちは普段ショーツを履いて過ごしていますが、締め付けのきついものを身につけていると摩擦による刺激が更に大きくなると言われています。ブラジャーと同様、ショーツを購入する際はヒップラインもできるだけ測るようにしましょう。

<蒸れ>
下着の中は私たちが想像している以上に蒸れた状態になっているため通気性の悪いストッキングやボトムスを着用してしまうと蒸れがひどくなり、お尻周りにニキビや吹き出物の原因となる細菌が繁殖しやすくなるのです。

<新陳代謝の低下>
座る・寝るなどお尻を圧迫する時間が長いとお尻周りの血行が悪くなり、皮膚の新陳代謝が低下してしまうそう。新陳代謝が低下すると本来なら排出されるべき古い角質や老廃物が滞り、肌トラブルの原因になると言われています。

お尻のブツブツを改善するおすすめのケア方法

お尻のブツブツを改善するおすすめのケア方法についてご紹介したいと思います。

【お尻のブツブツ改善方法】
<マッサージ>
血行不良はお尻のぶつぶつの原因となるため、マッサージによって血液の流れを良くし新陳代謝を向上させていきましょう。特に体が温まっているお風呂上がりのタイミングで行うと尚良いと言われています。

<保湿ケア>
皮膚は乾燥するとバリア機能が低下し、摩擦による刺激を受けやすくなります。ブツブツを防ぐためにも保湿性の高いボディクリームでケアしながらバリア機能を維持するようにしましょう。

<ピーリング>
ピーリングによって古い角質を剥がすとターンオーバーの乱れが整い、お尻にブツブツができづらくなると言われています。やりすぎると皮膚が乾燥してしまうので週に一度を目安に実践すると良いそうです。

お尻にブツブツができる原因や解消法をテーマにお届け致しました!お尻は普段見えにくい場所なのでケアをついつい怠りがちですが、いざという時のためにも手を抜かずにしっかりとケアしていきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事