エリカ・アンギャル発「海外でも高評価!日本のシトラスフルーツ “かぼす”」

エリカ・アンギャル発「海外でも高評価!日本のシトラスフルーツ “かぼす”」

世界の美女たちを導き、栄養コンサルタントとして活躍中のエリカ・アンギャルさん。体の内側から美しくなる食生活やライフスタイルを指南している彼女に、...

世界の美女たちを導き、栄養コンサルタントとして活躍中のエリカ・アンギャルさん。体の内側から美しくなる食生活やライフスタイルを指南している彼女に、毎月、キレイを育むビューティ食材を取材します。

ミカン属の”かぼす”で味と風味にアクセントを!

海外ではカクテルなどに使われることが多い“かぼす”。“かぼす” というと“ゆず”に似ていて見分けがつかないし、レシピもあまり知らないという人が多いのではないでしょうか。

現在“かぼす”は9割以上が大分県で生産されている日本が誇る柑橘系のスーパーフルーツ。あるとき大分への出張でびっくりしたのは、産地の方たちが、刺身、みそ汁とさまざまな料理に“かぼす”汁をかけていたこと。

しかも搾り方にこだわりがあって、“かぼす”を半分にカットしたらカット面を上に向けて搾ります。そうすることで“かぼす”に含まれるビタミン Cや葉酸などの栄養素だけでなく、皮に豊富に含まれるノビレチンという抗酸化成分まで取り入れることができるとか。血糖値を調整するなど“かぼす”の効果は多彩! 料理に使う際は、ぜひ皮まで使ってください。

辛さと酸っぱさがクセになる かぼすのセビチェ

サーディンやサーモンなどお好みの刺し身、みじん切りした玉ねぎ、 唐辛子、塩、かぼすの皮と搾り汁を混ぜ合わせる。ペルー料理でおなじみのセビチェも、かぼすのマイルドな酸っぱさがぴったり。

かぼす×豆腐の濃厚手作りドレッシング

バジル、ニンニク、クルミ、かぼすの皮のすりおろし&汁、塩、そして絹ごし豆腐をミキサーで攪拌。栄養たっぷりのドレッシングは、食事が偏りがちな人の味方。

いつもの料理にちょっと加えるだけで、爽やかな香りと味を楽しんでみませんか。

関連キーワード

関連記事