アンチエイジングな「見せ方」知ってる?若見え服・コスメの選び方

アンチエイジングな「見せ方」知ってる?若見え服・コスメの選び方

あなたは、自分に似合う服やコスメの選び方をご存じですか?自分に似合わない色やシルエットのアイテムを選んでしまうと、実際より老けて見えてしまうことも。体型をすっきり、顔色を若々しく見せてくれるアンチエイジングな「見せ方」を知っておきましょう。

自分に合った服やコスメで◎アンチエイジングな「見せ方」とは

「アンチエイジング」とは、加齢に伴う身体の衰えをできるだけ少なくしようとする試みを指すのだとか。健康面での身体の若々しさはもちろん、特に女性は見た目の若々しさもキープすることも目的としていることが多いのでは。

今回は、アンチエイジングな「見せ方」と題し、一人一人の魅力を最大限に引き出してくれる服やコスメの選び方についてご紹介していきたいと思います。若く見せる服やメイクというと、高齢の方が求めているもののようなイメージがあるかもしれませんが、実は一概にそうとも言えないのです。

私たちがアンチエイジングと称してボディケアや食生活に気を配り、引き締まった体型や理想的なお肌・髪の状態をキープしたとしても、本人の魅力を十分に伝える「見せ方」をしなければもったいないことですね。美BEAUTE読者の皆さんには、日々のアンチエイジングの努力を生かすファッションについて知っていただきたいと思います。

流行のファッションやメイクを適度に取り入れていくことは大切ですが、その取り入れ方にもコツがあります。それは「自分に似合うものを知る」ということ。人が自然に醸し出す雰囲気や体型は千差万別、流行っている服であっても全ての人を魅力的に見せてくれるわけではないのです。

具体的には、
・体型が「細見え」するか
・顔色がよく見えるか
・服が「高見え」するか
といった点をチェックできるようになるといいそうです。

自分が「かわいい!着てみたい(つけてみたい)」と思った服やコスメでも、実際に使ってみると体のシルエットがもたついて見えてしまったり、顔色がくすんでしまったりすることはないでしょうか。これは、自分の体型や肌色に合わないアイテムを選んでしまったことによるもの。質のいいアイテムを購入したつもりが、自分が着るとなぜかチープに見えてしまったりするのも、自分に合っていないということなんです。

30代を超えると、体のシルエットをすっきり見せること、顔色を明るく見せること、そして年相応に質のいいアイテムを身につけることは、ファッションにおいてとても大切なことではないでしょうか。旬な服のシルエットや色を取り入れることでコーディネート自体は魅力的になりますが、それが自分本来の長所を邪魔していないかをチェックしてからアイテムを購入するようにしましょう。

アンチエイジングな「見せ方」は専門家を頼って

それでは、自分に似合う・似合わないものを知るにはどうすればいいのでしょうか?おすすめなのは、専門家に客観的なアドバイスをもらうことです。自分で似合う・似合わないを判断するのは、実は思った以上に難しいのだとか。どうしても、好き・嫌いなど主観的な見方が邪魔をしてしまい、判断を狂わせてしまうのだそうです。今回おすすめしたい診断は、以下の2つです。

<パーソナルカラー診断>
色を、特徴別に「春・夏・秋・冬」の4つのタイプに分け、似合う色を自分のパーソナルカラーとします。パーソナルカラーをファッションアイテムやコスメに取り入れることで、顔色を明るく魅力的に見せることができるのだそう。

<骨格診断>
骨格のタイプを「ストレート・ウェーブ・ナチュラル」の3タイプに分けて診断します。似合うシルエットのファッションアイテムや素材を知ることで、体型をすっきり見せたり服を「高見え」させることができるのだとか。

自分に似合う若見え服やコスメを選べるようになれば、若々しく見えるようになると同時におしゃれもますます楽しめるようになるのではないでしょうか。専門家の方によっては、上記2つの診断をさらに発展させた細かい診断を行ってくれることも。ご興味を持たれた方はぜひ調べてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事