冬のワキ汗&臭い!気づいてないのは自分だけ?グッズ&上手な対策

冬のワキ汗&臭い!気づいてないのは自分だけ?グッズ&上手な対策

ワキ汗やワキの臭いに気をつけるのは夏だけと思ってませんか? 実は冬の季節の方が、ワキ汗をかきやすかったり臭いが強いワキ汗になりやすいという指摘があるんです! その原因から、すぐにできる上手な対策と今後できるおすすめの対処法をご紹介します。

冬のワキ汗&臭いに気づいている?

冬は夏に比べて汗をかきにくいので自分のワキ汗について油断しがち。でも、実は冬のワキ汗にも注意が必要なんです。

冬は夏に比べて全身の汗をかきにくいことから、体全体の代謝がおち、汗の機能も低下しやすいそう。そんな中かくワキ汗は臭いが強くなったり、ベタベタするちょっと嫌な汗になりやすいといいます。

中でも、緊張やストレス時にかくワキ汗は、自分では気がつきにくいのに臭いが強くなる傾向があるそう。夏であれば通気性の良い服装ゆえにそういったワキ汗も蒸発して臭いにくいことも多いそうですが、冬場のセーターやコートは汗や熱がこもりやすいことが重なって、臭いがきつくなる傾向があると指摘されています。

冬のワキ汗&臭いの上手な対策

■ ワキ汗パット
定番ですが、汗取りパットは誰でもすぐに取り入れられるワキ汗対策です。中でも使い捨てタイプを使って、気になったときにすぐに取り換えるという対策がおすすめです。緊張をしいられる商談や会議後、仕事終わりといったタイミングでこまめに取り換えましょう。

■ ワキ汗パット付きインナー
冬に着るセーターやアウターは、夏のTシャツのように頻繁に洗濯しない傾向にあります。でもワキ汗はどんなときも多少はかいていて、セーターなどにも付着しているといわれています。服に付着した汗を放置すると汗に含まれる菌が増殖して洋服からの臭いにつながるそう…。ワキ汗パットつきインナーを着ておけば、セーターなどに汗や菌がつきにくくなるので有効な対策の一つになると考えられています。

■ 消臭・除菌スプレー
セーターやコートなどに付着したワキ汗は、乾ききる前に消臭・除菌スプレーをしておくと臭いや菌の増殖が抑えられるといわれています。帰宅時だけでなく、朝の通勤や日中にかいた汗は、会社についたらすぐにスプレーするというのがベスト! 会社のロッカーに消臭・除菌スプレーは必須といえるでしょう。

■ 皮膚科で制汗剤・殺菌クリームを処方してもらう
たかがワキ汗で?と思うかもしれませんが、皮膚科で相談、診察してもらえるお悩みの一つといわれています。市販の制汗剤の中に良いものもありますが、診察の結果、医師が必要と判断すれば、汗の発生を抑えたり、臭い菌を殺菌するような塗り薬を処方してもらえるそう。

ただし、クリニックによって対処法や処方薬は異なるようなので、事前に下調べや問い合わせをして、自分に合いそうなクリニックをチョイスするのがポイントです。

ワキ汗で悩んでいる、ワキ汗の臭いが気になって仕方がないという場合、それがさらにストレスや緊張につながって汗をかく…という負の連鎖に陥る方も多いそう。自分に合った対策をとって快適な毎日を送りたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事