朝のコットンパックでお肌をふっくらと!メイクノリを高める方法

朝のコットンパックでお肌をふっくらと!メイクノリを高める方法

いつものスキンケアだけだと物足りない…肌がかさついてしぼんでいる…というときにおすすめなのがコットンパック。コットンと化粧水さえあればできるので費用がかからずとっても手軽!朝のメイク前におすすめのコットンパック方法をご紹介していきます。

コットンパックは朝のメイク前がおすすめ!

肌がかさつくときやメイクノリを高めたいときにぜひ使ってみてほしいのがコットンパック。バタバタして忙しい朝は化粧水を何回にも分けてじっくり浸透させたり、ベタベタするシートマスクをつけるのはストレスになりがちですよね。でも、コットンパックなら朝洗顔をしたあとに肌に貼っておくだけなのでとても手軽!洗顔後のお手入れが楽になり、朝の時短スキンケアとしてもおすすめですよ。

メイクノリを高めるコットンパックのポイント

朝のメイク前にコットンパックをすることで、毛穴や肌が潤ってふっくらさせることができ、メイクノリが良くなると言われています。また、ニキビができている部分には炎症を抑える成分が入ったニキビケア化粧水を使って部分的にパックすることでニキビの炎症が和らぐ場合も!

コットンパックに使うものは、薄くて毛羽立ちにくく何枚かに剥がせるコットン・化粧水だけ。浅めの容器にコットンを入れて、化粧水がひたひたになるくらい含ませたらコットンを数枚に割いておきます。あとはおでこ、頬、あご、鼻などに貼って3〜5分放置したらコットンを剥がし、ハンドプレスをして馴染ませましょう。あとはいつものお手入れをすれば完了です。

また、放置時間は化粧水のテクスチャーなどによって異なります。水のようにサラサラした化粧水は肌に馴染むスピードが早いので3分程度。とろみのあるしっとりとした化粧水は5分程度。ジェルのようにコクのある化粧水なら5〜8分程度を目安にするといいと言われています。長時間付けたままにしておくと、肌に必要な水分や油分を吸い取られて肌の乾燥を招くことがあるので気をつけてくださいね!

コスパ抜群!コットンパックでふっくらもち肌に

ニキビなどの気になる部分をピンポイントでケアしたいときには、コットンを小さくカットして貼ることをおすすめします。自分に合ったコットンと化粧水で朝の数分だけパックをして、ふっくらとしたやわらか肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事