あなたの眉、間違ってない?ここを埋めればOK!【お悩み別・眉毛の描き方】

あなたの眉、間違ってない?ここを埋めればOK!【お悩み別・眉毛の描き方】

世直しメイクの達人・長井かおりさんが、やっているつもりが、実はできていない人が多い場所や、ここをおさえればもっとキレイになれるというメイクのポイントをアンサー!

【教えてくれるのは】

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
わかりやすいメイク理論と、確実に美人度があがる、誰でも真似しやすいテクニック提案で、幅広い支持を集める大人気アーティスト。最新刊『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』(講談社)も大好評。

こんな人は要注意です!

【1】常に困り顔さん

眉頭がくっと寄ってしまう困り顔さん。本来の眉のなめらかなカーブがカミナリ形っぽくなることで、不機嫌さんにも見えるのが問題。

ここをしっかり埋めよう
眉頭が寄って、眉がカミナリ形になったときに高低差がつかないよう、眉頭と眉山を補整。

【2】常にオデコがあがっちゃうさん

びっくり顔に見えてしまうこのタイプ。オデコとともに眉の位置もあがるため、まぶたのスペースが開いてヌケ感が出すぎることに。

ここをしっかり埋めよう
眉頭から眉尻までの下側をなぞって、オデコがあがっても眉はあがって見えないよう調整。

【3】眉の中がスカスカさん

眉の中まできっちり描けていない人は、同じ高さの目線ではわかりにくいけど、角度がついたときに一気にバレバレに。眉メイク後は、角度を変えて確認を!

▲低い位置から見られたときのスケスケの図。

▲高い位置から見られるとやや怖めのスケスケ。

ヘアメイク/長井かおり 撮影/中島洸(まきうらオフィス) モデル/岡本あずさ 取材・文/橋本日登美 構成/河津美咲

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連キーワード

関連記事