【Keikoの開運引き寄せレッスン】獅子座満月1月21日~2月4日【新月・満月の月星座占い】

【Keikoの開運引き寄せレッスン】獅子座満月1月21日~2月4日【新月・満月の月星座占い】

“引き寄せのカリスマ”Keikoの「月星座別アドバイス」が連載をリニューアル。人生を思い通りにするには①月の動きに合わせる、②月のパワーを取り入れる、ということが大前提! というわけで、月の動きと波長をあわせて、まるごと開運体質に生まれ変わる直伝レッスンをスタート♡ 新月と満月のタイミングで更新していくので、是非チェックしてみて。

獅子座満月から2週間の開運アドバイス

こんにちは、Keikoです。昨年秋からはじまったジュピターイヤー(射手座木星期)、皆さましっかりと行動にうつしていますか? この1年は、行動しないとゴールデンチャンスがつかめないので、しゃきっとまいりましょう!

さて、前回1月6日の新月は山羊座の部分日食だったのですが、来たる1月21日は、獅子座満月は皆既月食となります。(日食は新月に起こり、月食は満月に起こります)満月がドラゴンヘッド・ドラゴンテイルのいずれかの近くで起こるとき「月食」となるのですが、これは一言でいうと、満月の「スペシャルバージョン」。ふつうの満月より格段にパワーが強いと考えてください。

そもそも今って、ドラゴンヘッドが蟹座に、ドラゴンテイルが山羊座にあるので、獅子座で月食は起こらないはず。にもかかわらず、今回、獅子座で月食が起こるということはそこに宇宙の意図があってしかるべきでしょう。

これは、「あなたのチャームポイントや得意なことを堂々とアピールして!」という宇宙からのメッセージ。そうすることでオファーやチャンスが舞い込み、より大きな収入を手にできるからです。

今回の皆既月食は「金運」を司る天空の第2ハウスで起こります。獅子座という自己表現のサインが第2ハウスで起こるのですから、この皆既月食が金運に直結していることは間違いありません。

加えて注目したいのが、美と豊かさのヴィーナス・金星とラッキースター・木星が第6ハウスでコンジャンクションすること。木星と金星のコンジャンクションが現れるのは年にたった一度なのです。それが皆既月食と重なるってすごいタイミングだと思いませんか?

しかも、第2ハウスは「収入」、第6ハウスは「仕事」を意味するので誠心誠意の仕事ぶりが高い収入に結びつくということ。つまり、アラサーのVOCE読者にとっても、前回の山羊座新月同様、テーマとなるのは「仕事」なわけです。これは、この先も当分つづくテーマなので、「与えられた仕事には本気で取り組む!」と覚悟を決めたようがよいでしょう。

恋愛も良縁も仕事を通してやってくる可能性が高いから、ワーキングシーンでのヘアメイクに手抜きは禁物。より魅力的に見えるメイクを研究するのはもちろん、マナーや姿勢、立ち居振舞にも気を配って。営業先で運命の出会い……というパターンもありそうよ。

ビューティアドバイスとしては、改めて自分のいちばんのチャームポイントを洗い出すこと。そして臆せずに目立つこと、主役になるセルフイメージを持つことね。だから、自分の長所を磨きながら、「変えたい」「改善したい」と思っているボディパーツは思い切って徹底的にケアしてみる。「注目される自分になる」という方向性でこの2週間はビューティケアにいそしんでみてくださいね☆ 結果はかなり期待できるはず。

1月21日 14:17~は「獅子座満月のパワーウィッシュ」もお忘れなく♪

獅子座満月のパワーウィッシュはこのノートで!

Keikoのシークレットメソッドを完全ノート化した『パワーウィッシュノート2019 2018.9/10乙女座新月~2019. 8/15水瓶座満月』(¥1000/講談社)は、8月3日より大好評発売中! 書くだけで、願いがあっという間に叶う快感を味わって♡

関連キーワード

関連記事