極楽気分を堪能できる!? 「焼酎風呂」に期待できる効果や入り方

極楽気分を堪能できる!? 「焼酎風呂」に期待できる効果や入り方

「1年の中で最も寒い!」と言われている2月。寒い日が続くと体もだるいし疲れが溜まりやすくなってしまうものですよね。そんな時におすすめなのが体もポカポカと温まり、ワンランク上の贅沢な時間を過ごすことができる「焼酎風呂」です!

焼酎風呂に期待できる効果について

銭湯やスパなどの施設には日替わりで日本酒風呂やワイン風呂を導入しているところがありますが、それ以外のアルコール類も入浴剤代わりに使用できるそう。なかでも焼酎は安価なので毎日気軽に続けやすいかと思われます。

【焼酎風呂に期待できる効果について】
<美肌>
焼酎を生成する際にできる醪(もろみ)にはシミの原因となるメラニンの生成を抑える作用があります。また、殺菌力が高いため定期的に入ることで背中や胸元のニキビを改善することにも繋がるそう。

<冷えの改善>
焼酎のアルコール成分に肌が触れることで血管が拡張され、体の冷えを改善する効果が期待できます。

〜注意点〜
普段お酒を飲むと皮膚が赤くなったり体調が悪くなりやすいという方は、念のために足湯をしたり、目立たない部分に焼酎風呂を数的垂らすなどしっかり試した上で入るようにしましょう。また、小さなお子様との入浴は避けましょう。

焼酎風呂の入り方やおすすめの種類は?

焼酎風呂の入り方はとても簡単!コップ1〜2杯程度の焼酎をお風呂に入れ、よくかき混ぜれば準備完了です。その後はお風呂に15〜20分程浸かりながら、じっくりと体を温めていきましょう。

【焼酎風呂におすすめの種類】
焼酎とひとくくりにしても使われている原料は様々です。例えば芋焼酎にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、年齢肌の女性に嬉しいアンチエイジング効果が期待できます。

また、黒麹が原料の泡盛にはリラックス効果を生み出すカフェー酸が含まれているそう。ただ、どちらも香りがきつい傾向にあるのでお酒が弱い方は麦焼酎を試してみると良いでしょう。麦焼酎にも血液をサラサラにするウロキナーゼという成分が含まれています。

いかがでしたか?是非この機会にお財布にも優しい焼酎風呂でワンランク上の美ボディを手に入れていきましょう!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事