チークの塗り方の正解は?【左右対称塗り】でふわっと自然な印象に!

チークの塗り方の正解は?【左右対称塗り】でふわっと自然な印象に!

チークが左右ちぐはぐでうまく塗れない……。そんな人は、長井かおりさん直伝の「左右対称塗り」を思い出して自然な印象のチークを手にいれて!

【教えてくれるのは】

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
わかりやすいメイク理論と、確実に美人度があがる、誰でも真似しやすいテクニック提案で、幅広い支持を集める大人気アーティスト。最新刊『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』(講談社)も大好評。

Q.チークが左右ちぐはぐでいつもうまく塗れません!

A.左右対称塗りを思い出して、ブラシをスポンジのように活用

ブラシの“面”は、血色をつけたい範囲にちょうどいいサイズ感。この幅を利用すると左右対称に塗りやすいし、押すようにチークをのせると染み込んだようになり、ふわっと自然な印象に。

鏡に全顔を映してチークを押し塗り
にっこり笑って、小鼻の脇と黒目の延長線上を結んだ場所にブラシを置いてチークをオン。

【NG】
発色にも高さにもズレが出て不自然。

【OK】
シンメトリーなので、ナチュラル!

(上)ブラッシュ ブラシ ¥7000/ボビイ ブラウン
ヤギとポニーの毛をブレンドした柔らかブラシは、肌に添いやすい傾斜&カーブつき。

(下)チーキーシークブラッシュ 16 ¥3000/THREE
シルキーなパウダーチーク。こちらのシックなローズは、誰にでも似合う血色カラー。

ヘアメイク/長井かおり 撮影/中島洸(まきうらオフィス)、伊藤泰寛 スタイリング/坂下シホ モデル/岡本あずさ 取材・文/橋本日登美 構成/河津美咲

関連キーワード

関連記事