肌のヒリヒリ、感じない?そろそろ始めよう「花粉皮膚炎」対策!

肌のヒリヒリ、感じない?そろそろ始めよう「花粉皮膚炎」対策!

この時期、思い当たる原因がないのに肌がヒリヒリする、少し肌荒れしているという方は、もしかして「花粉皮膚炎」かもしれません。実はもう花粉が飛び始めているこの季節、そろそろ花粉皮膚炎の対策を始めてみてはいかがですか?

春先の肌荒れ =「花粉皮膚炎」かも?

「花粉皮膚炎」という言葉を耳にしたことがありますか?冬の終わり~春先にかけてお肌がなんだかヒリヒリする、赤くなって肌荒れしてしまうという方は、もしかして花粉が原因かもしれません。

春や秋になると、多くの方が鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどといった花粉症の症状に悩まされていますが、実は肌荒れも花粉症の症状の一つなのだとか。そうした花粉が原因の肌荒れを「花粉皮膚炎」と呼ぶのだそうです。

実は、花粉皮膚炎の原因となる花粉は、1月上旬から既に飛び始めていると言われています。花粉皮膚炎を防ぐためには、花粉の飛散量が多くなる前に、できるだけ早く対策を行うのが重要なのだとか。なんと、鼻水等の花粉症の症状がない方でも、花粉皮膚炎の症状が出るケースも見られるのだそうです。季節の変わり目で春先に肌荒れすると思っていた方も、実は花粉皮膚炎による肌荒れであるかもしれませんね。

花粉皮膚炎の予防は、バリア機能が鍵

そもそも、花粉皮膚炎はお肌のバリア機能が低下することから起こるとされています。

肌には皮脂膜や、セラミドなどの細胞間物質などによってホコリや花粉などの異物が侵入するのをブロックしたり、肌内部の水分が蒸発するのを防いだりするバリア機能が備わっているのだそう。

一方、肌が乾燥しやすい冬は、保湿ケアが不十分だったりセラミドが不足することなどによってこのバリア機能がうまく働かなくなってしまい、空気中を漂う花粉によって肌荒れが起きてしまうのだとか。特に、敏感肌の方は花粉皮膚炎に悩むことが多いようです。

この花粉皮膚炎を予防するには、花粉が本格的に飛び始める前に肌のバリア機能をしっかり整えておくことが大切だと言われています。また、花粉が肌に触れないようにブロックするのも有効な予防方法だと考えられますね。

【花粉皮膚炎の予防方法】
1. 肌の保湿ケアを朝晩しっかり行う
2. UVケアもしっかり行う
3. 睡眠時間をしっかり確保し、身体のサイクルを整える
4. 花粉を肌に触れさせないようなスキンケア、コスメ用品を使う
5. マスクやメガネを着用し、花粉が肌に触れないようにする

もう花粉が飛び始めているこの季節、まだ肌荒れの症状が出ていないという方も、油断は禁物です。日常の保湿ケアなどがおろそかになっていないかを見直し、花粉皮膚炎に悩まされない春を迎えられるようにしましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事