無理矢理はがしてない?唇の皮むけをその日のうちにケアする対策法

無理矢理はがしてない?唇の皮むけをその日のうちにケアする対策法

唇はとてもデリケートであるため、合わないリップを使ったり、乾燥などにより唇の皮がめくれてしまいがち。唇の皮がめくれると、リップメイクが思うように仕上がらずに困ってしまいますよね…。そこで唇の皮がむけたときの対策方法をご紹介していきます。

唇の皮むけは「ワセリンマッサージ」での対策がおすすめ

唇の皮がむけてしまうと、気になって無理矢理はがしたくなる方も少なくないのでは。しかし、デリケートな唇の皮を無理にはがすと唇の粘膜まで傷つくことがあり、余計に治りにくくなってしまいます。無理にはがすのはいけないと分かっていても、皮むけをそのままにした状態で放口紅やグロスを重ねても綺麗に仕上がりませんよね。リップクリームで保湿をしようとしても唇の皮が邪魔をして保湿を妨げてしまうこともあるため、まずはワセリンをたっぷり塗ってマッサージをしながら優しく取り除いていくといいでしょう。

唇の皮むけを解消してなめらかなぷるん唇を手に入れるには?

唇の皮がむけているときには、熱すぎないくらいのホットタオルを唇に当てて柔らかくしてから白色ワセリンを多めに指に取り、唇に塗り込みます。1〜2分経って唇の皮が白っぽくなり浮いてきたら、指の腹で小さな円を描くようにくるくるマッサージをして余分な皮を優しく取り除いていきましょう。

マッサージをして唇の余分な皮を取り除いたら、ティッシュで拭かずに再びホットタオルを当てて丁寧に拭い取ります。そのあとはリップクリームやリップ用美容液を多めに塗り、上にラップを貼って2〜3分パックをしてあげるとふっくらとした健康的な唇になれるはず!  

リップクリームを塗るときには、つい横向きに滑らせたくなりますが、唇の縦ジワに沿うように縦向きに塗ることで摩擦を軽減することができ、唇のシワまでしっかり保湿することができます。 硬めのリップクリームの場合、手のひらで温めておくことで柔らかくなって肌馴染みが良くなりますよ。

唇の皮むけをケアしたあとには、唇に色が定着して落ちにくいティントや乾燥しやすいマットリップは避けて、保湿効果の高い色付きリップクリームや、ほんのり色がついたリップ専用美容液を使うことをおすすめします。

また、唇の皮むけが頻繁に起こる方はビタミンB群やビタミンC不足の可能性があるので、食べ物やサプリメントでビタミンをしっかり補うことも効果的だと言われています。日頃の保湿ケアとインナーケアで繰り返す唇の皮むけを予防していきましょう。

春にかけて唇の紫外線対策も忘れずに!

これから紫外線量がだんだん増えてくる季節がやってくるため、紫外線による乾燥を防ぐためにも口紅を塗る前や外出時には、日焼け止め効果のあるリップクリームを塗っておくといいですね。デリケートな唇を優しくケアしてふっくらなめらかな赤ちゃんのような唇を手に入れてみてはいかがでしょうか? 

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事