ダイエット、ストレス解消に◎「アシュタンガヨガ」の特徴とは?

ダイエット、ストレス解消に◎「アシュタンガヨガ」の特徴とは?

ここ数年、空前のヨガブームが巻き起こっていますね。ヨガにも様々な種類があります。今回ご紹介したいのは、ストレス解消やダイエットにも効果が期待できる「アシュタンガヨガ」です。アシュタンヨガに期待できる効果や、その特徴についてご紹介します。

ダイナミックな動きの「アシュタンヨガ」でダイエットやストレス解消に◎

アシュタンガヨガは日本でも馴染み深い「ゆったり」とした一般的なヨガよりも激しく、ダイナミックな動きが多いヨガと言われています。汗を大量にかく程非常にエネルギッシュな種類のヨガなので、動きだけ見ると疲れてしまうのでは…と思いがちですが、実は普通のヨガ以上に深いリラックス効果が期待できるんだとか。

【アシュタンガヨガに期待できる効果】
<ダイエット>
アシュタンガヨガは呼吸法なども取り入れながら実践するため「有酸素運動」の一種でもあると言われています。有酸素運動を行うことで代謝が向上し、痩せやすい体質に改善することができるんだとか。

<ストレスの軽減>
視点の位置やポーズを取る順番も決まっているため自然と集中力が高まり、冷静な気持ちをキープできるそうです。また、呼吸法によってホルモンバランスが整い自律神経が安定すると言われています。

「アシュタンヨガ」の特徴について

続いてアシュタンガヨガの主な特徴についてチェックしていきましょう。

【アシュタンヨガの主な特徴】
<ポーズ>
アシュタンガヨガは同じポーズを途切れることなく短時間で繰り返していくのが最大の特徴と言われています。具体的には「太陽礼拝」→「立位」→「逆転」→「フィニッシング」の4種類で構成されているそうです。

<呼吸>
一般的なヨガと同じくアシュタンガヨガにも呼吸法があり、動きと上手く連動させることで心や体がスッキリすると言われています。
〜アシュタンガヨガの呼吸法のポイント〜
1.口を閉じ、肺を大きく膨らませるよう意識しながら鼻からゆっくりと息を吸い込みます。
2.呼気は鼻から吐き出しましょう。

<視線>
視線はポーズによって異なりますが「視線を一点を固定する」ということはどのポーズにも共通しているそうです。目が泳いだり、キョロキョロと別の場所を見てしまうのは不安定な心の表れなんだとか。定まらない視線は意識を乱したり集中力を低下させると言われていますので、必ず視線は一点に固定するようにしましょう。

<腹筋の使い方>
アシュタンガヨガを実践する際は下腹部を背中へ惹きつけるようなイメージ(簡単に言うとお腹をグッと引っ込めるような状態)でポーズを取ると良いそうです。また、呼吸法と組み合わせることで更に腹筋が鍛えられ、効率よく代謝を高める効果が期待できます。

アシュタンガヨガをテーマにお届け致しました!日本でも既にアシュタンガヨガを取り入れている教室がありますので、ご興味がある方は是非一度足を運んでみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事