メイク崩れは乾燥のせい?メイクの上から保湿する時のポイント!

メイク崩れは乾燥のせい?メイクの上から保湿する時のポイント!

空気が乾燥すると、肌が粉を吹いたりカサカサになるのが気になりますよね。メイクが崩れやすいのも、乾燥のせいかもしれません!乾燥しやすい季節は、日中も保湿をしてあげることが大切です。メイクの上から保湿をする時のポイントはどこにあるのでしょうか?

日中も保湿が大切!乾燥がメイク崩れの原因にもなるってほんと?

空気が乾燥する秋冬はもちろんですが、春は花粉、夏は冷房などで、意外と一年を通して肌は乾燥しやすい状態ですよね。朝、メイクをしてそのまま過ごしているだけでは、日中には乾燥が進んでしまうと言われています。

肌が乾燥すると、カサつきや粉拭きの原因となるだけでなく、肌を保護するために皮脂が過剰に分泌され、メイクも崩れやすくなるのだとか。

一日を通して潤いのある肌をキープするには、日中も保湿をしてあげることが大切です。メイクの上から保湿を行う時は、やり方を間違うと余計にメイクが崩れる原因となることもあるので、正しいケアを行うようにしましょう!

メイクの上から保湿を行う時の正しいやり方とは?

メイクの上から使える、主な保湿アイテムを、目的別にご紹介します!

【メイクの上から使える保湿アイテム】
<ミストタイプ>
一番メジャーなのがミストタイプです。顔全体の乾燥が気になる場合は、手軽に速攻で保湿することが出来ると言われています。使い方のポイントとしては、適度に離して吹きかけ、ミスト後すぐに手で押さえないようにすることです。

<スティックタイプ>
口周りや目元、小鼻などの部分的な乾燥が気になる場合はスティックタイプがオススメです。保湿成分が入ったバームをスティック状にしたものなので、細かい部分をピンポイントでケアしやすくなります。使い方のポイントとしては、使用前にティッシュやあぶらとり紙で肌の汚れや皮脂を取り除いておくことです。また、肌に塗った後はこすらずに指の腹でポンポンと叩きながら馴染ませてください。

<ジェルタイプ>
ミストタイプやスティックタイプでは保湿力が足りない、という場合にはジェルタイプがオススメ。ジェルを手で温めてから肌に塗っていきます。この際、左右に擦るとメイクがヨレる原因となってしまうので、指の腹ですーっと1度で馴染ませるようにするのがポイントです。

一年中乾燥しやすい肌は、メイクの上から保湿出来るアイテムを使って、潤いをキープしてみてくださいね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事