花粉症の原因は腸内環境にあり!? 食事で整え花粉に負けない春を!

花粉症の原因は腸内環境にあり!? 食事で整え花粉に負けない春を!

寒い冬から解放され、もうすぐ温かい日差しの春がやってきますね。しかし花粉症の方にとっては一年で最も辛い時期。薬が手放せない方も多いのではないでしょうか?今回は、体の内側から花粉症対策、腸内環境を整える食材についてご紹介します。

花粉症の原因とメカニズム

毎年2月頃からスギ花粉、続いて春先からはヒノキの花粉が飛び始めます。すでに花粉症にかかっている人にとっては、とてもつらい時期です。また、今までは花粉症と関係なかった人でも、ある年から急に症状が出ることもあると言われています。ではなぜ、花粉症は起きるのでしょうか?

花粉症は花粉による季節性のアレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎の総称です。
1.体の中に「花粉」という「異物(アレルゲン)」が侵入し、それを受け入れるかどうかを体が考えます。
2.排除すると判断した場合、体はこれと反応する物質をつくる仕組みをもっています。この物質を「IgE抗体」と呼びます。
3.抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜にある「肥満細胞」の表面にある抗体と結合します。
4.その結果、「肥満細胞」から「化学物質(ヒスタミンなど)」が分泌され、花粉をできる限り体外に放り出そうとします。
そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水や涙で洗い流すなど体の中に入れないような防御する症状が出てきます。

また、昨年までは全然大丈夫だったのに急に花粉症になるのは、これまで蓄積されていた「IgE抗体」が一定量に達してしまったからです。花粉の飛ぶ量が増えたことの他に、ストレスの増加、睡眠不足、住環境の変化、食生活の変化、腸内細菌の変化や感染症の減少などが指摘されている他、大気汚染や喫煙など現代生活そのものが増加に影響していると言われています。

腸内環境を整える発酵食品で花粉症対策

花粉症の原因のひとつは腸内環境の悪化だと言われています。腸には体内の免疫細胞の7割が集まると言われてます。免疫機能は腸の環境によって大きく左右されます。腸内環境を整えておくことは、免疫機能を高めることにも繋がります。腸内環境を整えるためには、腸内の「善玉菌」が棲みやすい環境にしてあげるための「乳酸菌」などが含まれる発酵食品は外せません。腸内の細菌バランスを改善し、腸粘膜の免疫力を高めるだけでなく、鼻粘膜の免疫機能を整える効果も期待できます。発酵食品には乳酸菌や納豆菌などが含まれています。キムチやぬか漬け、味噌、納豆などがオススメです。

腸のデトックス効果のある春野菜で花粉症対策

花粉症対策には腸のデトックスも重要です。食物繊維やカリウムを多く含む野菜をとり、腸のお掃除をしましょう。春野菜には、冬に溜め込んだ老廃物を体から排出しやすくしたり、寒さで代謝が滞りがちだった体を回復させる成分が多く含まれています。菜の花やふきのとう、ウドなどに含まれる苦味成分や、春キャベツに含まれるビタミンU(胃腸を整える働き)、そしてたっぷりの水分と食物繊維やカリウムが、デトックスを促します。春の野菜は水分が多く柔らかいので、それを味わうためにも、サラダなどの生食や、軽く火を通す食べ方がおすすめです。そうすることにより、加熱すると流れ出てしまう栄養素も損なわずに取り入れることができます。

【花粉症対策にオススメ食材】
<春キャベツ>
キャベツに含まれるイソチオシアネートには、花粉に対するアレルギー反応を抑えてくれます。キャベツを食べたときに感じるほのかな苦み成分グルコシノレートは解毒作用が強力で、花粉症などのアレルギー疾患も抑えてくれると言われています。さらに、キャベツに含まれるルテインという成分には、目の粘膜を強化する効果があるので、花粉症の季節に起こる深刻な目の痒みにも効くと言われています。キャベツに多く含まれるビタミンCは水溶性で熱にも弱いので、長時間水にさらしたりせず、できるだけ生で食べるか、加熱を控えめにするのがオススメです。

<新玉ねぎ>
玉ねぎに含まれる成分、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種「ケルセチン」が含まれ、ヒスタミンを抑える作用があります。ケルセチンは他にも血流の改善や血管の保護など多くの機能を秘めているので積極的に摂りたい食品です。加熱したり、おろしたり、みじん切りにすると効果が弱まるので、スライスして3分程度水にさらし、サラダで食べるのが効果的です。

<菜の花>
菜の花に含まれるビタミンCには免疫力を高める効果があり、体内で増えすぎたヒスタミンの量を抑制する作用があると言われています。また、ポリフェノールの一種で苦味成分の「ケンフェロール」には強い抗炎症作用があると言われており、免疫力向上と合わせて花粉症の緩和にも効果が期待されてます。ビタミンCが壊れてしまうのを防ぐため、さっと茹でるか炒めるなど加熱時間は短めにしましょう。

<ふきのとう>
ふきには、アレルギー症状に関係するヒスタミンの生成を抑制する働きをする「フキノール酸」という成分が含まれています。また、ふきの香りの「フキノイン」という成分が、花粉症の予防に効果的だとされています。ふきは煮物や和え物、お浸しにして食べるのが一般的です。煮すぎると変色しますので、調理の際には気をつけましょう。ふきはアクが強い山菜ですので、水でアク抜きの下ごしらえをシッカリすることが重要です。アク抜きをした後、茎を覆っている外皮を剥きます。そして、水に晒しておき、その後、調理に取りかかります。

花粉症に注意したい食べ物

続いて、花粉症に悩まされる方は避けたい食べ物もチェックしましょう。

【花粉症の方は避けておきたい食べ物・飲み物】
<辛いもの>
香辛料などの刺激物が鼻の粘膜を刺激します。

<冷たいもの>
体の冷えは鼻の粘膜の防衛機能を妨げます。冷たい食べ物や飲み物の摂り過ぎには注意しましょう。

<油もの>
肉などに含まれる動物性脂肪や、マーガリン等に含まれるリノール酸は、アレルギー症状を悪化させますので、取り過ぎには注意が必要です。

<アルコール>
飲酒は鼻の粘膜の充血やうっ血を引き起こし、鼻づまりをひどくするので、避けたほうがよいです。

いかがでしたか?花粉症の症状が出る前の時期から、食材を意識することで、症状が緩和される可能性はあります。花粉症対策では、栄養バランスがよい食事をベースに、腸内環境を整えることが期待できる食べもの、ストレス対策になる食べものを取り入れることが基本です。また、ストレスをためずに睡眠をしっかり取って体を十分に休め、健康な状態を保つことも重要です。花粉がピークの時期に少しでも快適に過ごせるよう、腸内環境から改善していきましょう!

 Profile
<執筆>
増子 光世(ますこ みつよ)
日本ビューティーフード協会インストラクター
−10kg のダイエットに成功したことを機に美容や健康にいいことを日々研究中。
ブログ:https://ameblo.jp/shining-warld/

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事