まとめ洗いにご注意!思わぬ肌荒れ・吹き出物を招く布製品とは

まとめ洗いにご注意!思わぬ肌荒れ・吹き出物を招く布製品とは

平日は仕事で忙しいから週末にまとめて洗濯をしているという方、結構多いのではないでしょうか。しかし、気を付けて欲しいのが普段使いの布製品の取り扱い。洗濯の方法によっては、思わぬ肌荒れや吹き出物の原因になってしまうこともあるのだとか。

布製品による肌荒れ・吹き出物の思わぬ原因は…?

肌荒れや吹き出物が出てしまう原因は、様々なものが考えられます。食生活の偏りや睡眠時間の不足、ホルモンの乱れなど、その要因を特定するのは難しそうですね。でも、自分なりに生活を改善してもなかなかお肌の調子が良くならないときはどうすればいいのでしょうか?

その肌荒れや吹き出物の原因が、肌に触れる布製品の汚れによるものであるとも考えられるそうです。顔やボディのお肌に直接触れる布といえば、まずは下着などのインナーや洋服が考えられますね。しかし、それらのものは着てすぐ洗う場合がほとんど。肌荒れの原因となってしまう布製品は、実は意外なところにあるのです。

肌荒れ・吹き出物が気になったら、洗濯頻度を見直して

では、下着や洋服以外で、どんな布製品が考えられるでしょうか。みなさんは、これらの布製品、毎日洗濯していますか?

・バスタオル
・枕カバー
・ハンカチ

これらの布製品は、一度使うと雑菌が繁殖しやすく、次に使う際に肌荒れや吹き出物の原因になることもあるのだとか。特に、バスタオルやハンカチなど水に濡れるものは特に雑菌の繁殖が著しいようです。

ベストなのは、これらの布製品を毎日取り換えて、新しい清潔なものを使うことです。しかし、バスタオルや枕カバーを一週間分持っているという方は、案外少ないのではないでしょうか。

手持ちの枚数に応じて、洗濯の頻度を見直す必要があります。お仕事が忙しくて週末にまとめて洗濯をしているという方は、これらの布製品を買い足すか、洗濯の頻度をもう少し上げた方がいいでしょう。

そして、1日の中で何度か使うシーンがあるハンカチについては、その取扱いについても注意が必要です。毎日新しいものに取り換えても、1日の中で雑菌が繁殖してしまうこともあるのだそう。

【ハンカチの注意点】
・使った後は風通しのいいところに置く
・人との貸し借りは控える
・何枚か持ち歩く

ハンカチを使って濡れてしまった後は、できるだけ風通しのいいところに干すなどして乾かすのがいいでしょう。オフィスワークの方はデスク脇に干してみたり、外出の場合は開いたバッグの一番上に置くなどしてできるだけ水分を飛ばしましょう。

また、衛生面を考えるとできるだけ人とハンカチの貸し借りは避けるのが◎。自分で持ってきた新しいハンカチを使うのが安心ですね。そうしたシチュエーションに備え、何枚かハンカチを持ち歩くのがおすすめです。ハンカチと言っても、手を拭いたり口を拭ったり、顔や首筋の汗を拭いたりと用途は様々。用途別に分けたり、時間ごとにこまめに取りかえたりすると衛生的です。

いかがでしたか。肌荒れや吹き出物に悩んでいる方、特にお肌が敏感な方は、こうした布製品のお手入れや取り扱いにも気を遣ってみてはいかがでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事