人気ヘアメイクさんが実践している【巻き髪】の裏技

人気ヘアメイクさんが実践している【巻き髪】の裏技

VOCEで活躍する売れっ子ヘアメイクアップアーティストたちが、忙しい毎日の中でリアルにしている、簡単なのに速攻シャレるアレンジテクとは? マネて損ナシ!

Q.誰でも簡単にできるウェーブの作り方は?

◆Georgeさんの場合

リアルにできて今っぽくなれるテクはメイクに加えてヘアでも健在!

A.顔まわりだけ巻くだけで自然なクセ毛風ヘアに
サイドの中間にコテを差し込んで挟み、内巻きに。毛先も同様に挟んで外ハネを作ったら、ワックスを全体になじませて、巻いてない後ろ髪も含めてクシャクシャ握れば、OK。


◆長井かおりさんの場合

実用度の高いメイクが評判。本誌連載「美速トレーニング」も大人気。

A.メイク中にクシャおだんごでニュアンスづけ
メイク時間を活用してウェーブをクセづけ。メイク前に、3~4個クシャクシャとおだんごを作り、メイクが終わったらおだんごを解いて髪を下ろすと、無造作なニュアンスが!


◆paku☆chanさんの場合

わかりやすい理論をベースにしたシャレたヘアメイクに定評あり。

A.両サイド&トップだけざっくり巻き
髪全体ではなく、ポイントで、しかも毛束を多めにとってザザッと巻くのがポイント。多めにすることでカールがつきすぎず、ハイブリーチの髪が柔らかく見えてラフな印象に。固めのワックスで仕上げれば、完成。


◆林由香里さんの場合

色や質感をさりげなく効かせた、女っぽおしゃれヘアメイクが評判。

A.あまりウェーブにはしないんですが……。やるとすればストレートアイロンで波巻きかな


◆吉村純さんの場合

雑誌のビューティ企画のほか、タレントのヘアメイクも数多く担当。

A.2~3束に分け三つ編みにすればウェーブに!
髪を濡らしてから右・左・バックの3つに分けてそれぞれきつめに三つ編み。毛先をゴムで結ぶ時、ゆるく結ぶのが、毛先に不自然な跡がつくのを防ぐコツ。高い位置から動きをつけたい時は、サイドは編み込みにして。

撮影/岩谷優一(vale.)、向山裕信、武藤誠 取材・文/楢﨑裕美、宮下弘江

関連キーワード

関連記事