デカ顔をなんとかしたい!1日3分のポリバケツ体操で小顔を目指せ!

デカ顔をなんとかしたい!1日3分のポリバケツ体操で小顔を目指せ!

顔の大きさにコンプレックスを持つ人は少なくないでしょう。しかし、顔の筋肉を鍛えて二重あごや頬周りをスッキリさせることができれば小顔を作り出すことも。表情筋が鍛えられるという「ポリバケツ体操」で小顔を目指しましょう!

小顔は表情筋がカギ!手軽なポリバケツ体操でフェイスラインを出そう!

「はーい、みんな写真とるよー!」

飲み会の後の集合写真や友人とのツーショット写真。隣に小顔の人がいると、一歩下がって遠近法を利用してデカ顔をごまかす。ついやってしまいますよね!

小顔は体のスタイルも良く見えますし、できるなら私も小顔に生まれたかった!でも、今からでもある程度小顔にすることはできると思いませんか?

骨格は変えられませんが、顔まわりについた余分な脂肪や、ぼやけたフェイスライン、丸くメリハリがない顔。これこそがデカ顔に見える大きな原因ではないでしょうか。

フェイスラインをスッキリさせるにはフェイスローラーなどで、刺激を与えるのも効果的ですが、やはり表情筋を鍛えることがとても大切なのだそう!

そんな表情筋を手軽に鍛えることができるエクササイズが「ポリバケツ体操」なのです!

首回りや二重あごにも効果あり!小顔エクササイズのやり方とは?

「ポリバケツ体操」って?

名前だけ聞くとポリバケツを使ったエクササイズ?と思うかもしれませんね。これは「ポ・リ・バ・ケ・ツ」と口の形を動かすことで表情筋が鍛えられるエクササイズなんです!

やり方はとても簡単!それぞれの発音を大きく口を開いて5秒ずつキープして繰り返すだけ!

はじめの内は、このポリバケツを3回繰り返すだけで表情筋に効いているのを実感できるでしょう。お風呂上がりなど、筋肉がほぐれているときに行うと、一段と効果的です。

こうして表情筋が鍛えられると、顔に余分な脂肪がつきにくくなります。さらに応用して首を上下に動かしながらポリバケツ体操をすれば、首回りや二重あごの予防にもつながるのだとか!

特別な道具もいらいないので、お金もかかりませんし、両手も使わないので、テレビを見ながら、スマホを見ながら、気軽に行えるのもうれしいポイントですよね!

「ポリバケツ体操」で、写真撮影のときに、堂々と一歩前に出られる小顔を目指してみてはいかがでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事