みょうがたけとは?気になる特徴やおすすめのレシピについてご紹介

みょうがたけとは?気になる特徴やおすすめのレシピについてご紹介

春の季節に旬を迎えるみょうがたけ。一般的なみょうがの場合は、花が咲く前の蕾の部分を食用として収穫されていますが、みょうがたけは若い茎部分を食用とするそうです。こちらではみょうがたけの特徴やおすすめのレシピについてご紹介致します。

春が旬の「みょうがたけ」の特徴・栄養成分

みょうがたけはみょうがの若い茎を軟白栽培(※光を当てないよう生育すること)したもので主な山地は宮城県や山形県と言われています。みずみずしい食感が特徴的で、サラダや煮物、炊き込みご飯など様々なレシピと相性が良いんだとか。

【みょうがたけに含まれる栄養成分】
みょうがたけはほとんど水分からできているため、栄養価はそれほど高いわけではありません。ただし、低カロリーでデトックス効果が期待できるカリウムなどの成分が含まれているためダイエット中の女性には最適な食材と言えるでしょう。また、みょうがたけ及びみょうが特有の香り成分「アルファピネン」にはホルモンバランスを整える働きがあり、香りを嗅ぐことで生理痛やPMSなどの不調を改善する効果が期待できます。

みょうがたけを使った美容レシピ〜みょうがたけとうずらの卵のピクルス〜

みょうがたけの和風ピクルスの作り方をご紹介致します。今回はうずらの卵ときゅうりを加えていますが、お好みでさけるチーズなど加えても大変美味しいですよ!

【みょうがたけの和風ピクルスの作り方】
<材料>
・みょうがたけ 6〜7本
・うずらの卵 10個
・きゅうり 2本

<ピクルス液の材料>
・酢 150ml
・水 200ml
・砂糖大さじ3
・塩小さじ1
・昆布 3〜4cm

<作り方>
1.みょうがたけときゅうりを同じ長さにカットし、うずらの卵は茹でて殻をむいておきます。
2.鍋に湯を沸かし、1のみょうがたけを30秒程茹でて水気を切りましょう。
3.耐熱容器にピクルス液の材料を全て入れ、ラップをふんわりかけたら電子レンジで1分程温めます。
4.蓋つきの瓶にみょうがたけ、きゅうり、うずらの卵を入れ3のピクルス液を注ぎ入れます。1晩つけて完成です。

いかがでしたか?みょうがたけは春しか獲れない貴重な野菜類ですので、是非お近くのスーパーで見かけたら手に入れてみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事