肌のくすみをぱっと明るく!トーンアップさせるベースメイク方法

肌のくすみをぱっと明るく!トーンアップさせるベースメイク方法

肌がどんよりくすんでいると気分も沈みがち。頑張ってスキンケアをしているのに肌がくすんでいる…という方は、保湿ケアをたっぷりと行い、ベースメイクで肌に透明感を与えつつ、自然にトーンアップさせてみませんか?

肌のくすみを自然にトーンアップさせるには?

クレンジングや洗顔できちんとメイクを落としているのに肌がくすんでいるという方は、肌の冷えや血行不良、うるおい不足などが挙げられます。手っ取り早くくすみをトーンアップさせるには、ベースメイクがポイント!ここでは透明感を与えて、くすみを目立たなくさせるベースメイク方法をご紹介していきます。

くすみ知らずの透明感を出すベースメイクポイント

くすみを防ぎながら、肌を自然にトーンアップさせるには、くすみの原因である乾燥と紫外線からお肌を守ることが重要です。ベースメイク前は化粧水と美容液でうるおいを与え、乳液やクリームで蓋をして保湿ケアを欠かさず行いましょう。さらに紫外線から肌を守る日焼け止めや日焼け止め効果のある化粧下地を肌に伸ばして肌の土台を整えておきます。

肌に負担をかけたくない時やナチュラルメイクのときなら、軽い質感で自然にトーンアップしてくれるCCクリームを。きちんとカバーしたいときにはコントロールカラー効果のついた化粧下地を選ぶといいですね。コントロールカラー効果のある下地を選ぶときにはくすみタイプに合わせた色を選ぶことも大切です。

肌が黄色っぽくくすんでいる方は、透明感をプラスするパープル系の下地を、血行不良などが原因で青っぽく血色がない肌には、血色感を与えるピンク系の下地を、全体的に灰色っぽくくすんで見える方はイエロー系の下地を使うといいと言われています。

くすみが気になる部分を中心にムラなく伸ばしていき、その上でファンデーションを薄く乗せましょう。下地もファンデーションも厚塗りをすると崩れやすくなるため、薄くつけてくださいね。

さらにラメやパールが入った淡いピンク系のチークをつけると、光が反射して肌のくすみをぱっと明るく見せてくれる効果が!リップは鮮やかすぎる色を使うと余計にくすみが目立ってしまうため、黄色っぽいくすみにはローズピンク系、青っぽいくすみにはベビーピンク系、茶色っぽいくすみにはローズベージュ系のリップを選ぶことをおすすめします。ラメ入りのクリアグロスを唇の中央に重ねてツヤ出しをすることで、肌がトーンアップして見えますよ。

毎日のちょっとしたメイクテクでくすみの目立たない肌へ!

くすみ対策には保湿ケアや紫外線対策も欠かせませんが、即効性にはあまり期待ができないですよね。でも毎日のメイクに一手間かけてあげると肌のくすみが目立たなくなりますよ。自分のくすみに合わせたアイテムを使って、自然に肌をトーンアップさせてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事