疲れてメイクをしたまま朝を迎えたときの肌をいたわる緊急スキンケア

疲れてメイクをしたまま朝を迎えたときの肌をいたわる緊急スキンケア

仕事から疲れて帰宅して、気づいたらメイクをしたまま寝てしまった…という経験はありませんか?メイクをしたまま朝を迎えることはよくないとわかっていても、睡魔には勝てないもの…。今回は、メイクを落とさず寝てしまったときの対処法をご紹介!

メイクを落とさず寝てしまったときの肌への負担はどのくらい?

メイクをしたまま寝てしまうと、なんとなく肌に悪いというイメージがありますが、実はあらゆる肌トラブルを招く可能性が。日中分泌された皮脂や汗がファンデーションと混じり合って酸化し、毛穴詰まりや黒ずみ、ニキビや吹き出物、炎症などを引き起こしたり、アイメイクが色素沈着やくすみ、クマになったり…と肌に多大なダメージがかかってしまうと言われているのです。

うっかりメイクをしたまま寝てしまったときの緊急スキンケア

メイクをしたまま寝てしまったら、いつもの倍以上の時間を使って丁寧にスキンケアをしてリセットすることが大切です。メイクをしたままの肌はとても大きな負担がかかっているため、一刻も早く肌のお手入れをしていきましょう。

まずはクレンジング。ファンデーションと混じり合い、酸化した皮脂が毛穴の奥に入り込んで固まっていることがあるため、普段と同じクレンジングだけでは完全に汚れやメイクを落としきれない場合があります。 メイクの上からスチーマーやホットタオルを当てて、毛穴を開かせてからたっぷりクレンジング料を使って擦らず優しいタッチでメイクを落としてくださいね。

洗顔料は普段よりもたっぷりの泡を立てて、皮脂分泌の多いTゾーンや小鼻から洗っていきます。ダブル洗顔不要のクレンジングを使ったとしても、メイクをしたまま朝を迎えた日は洗顔料を使ってしっかりとクリーンな状態にしていきましょう。

メイクや皮脂汚れを落としたら、すみやかに肌に水分補給を。化粧水を馴染ませたら、肌に効率よく潤いや美容成分を届けるシートマスクを使って集中ケアすることをおすすめします。放置時間を守ってはがした後は、ハンドプレスをしてクリームで蓋をしたら完了です。

それだけでなく、インナーケアも欠かせません。食べたものがダイレクトに肌に現れやすいと言われているので、毛穴が詰まりやすい脂の多い食事は控え、ビタミンがたっぷり含まれた果物や野菜をたくさん摂って早めに就寝することを心がけましょう。

毛穴に詰まったメイクをしっかり落として肌トラブルを防ごう

うっかりメイクをしたまま朝を迎えたときには、いつもより念入りにクレンジングと洗顔を行い、保湿ケアやインナーケアにも力を入れることがポイントです。ただしこれらはあくまで緊急対策。面倒なようでも美肌のために、帰宅したらすぐにメイクを落としてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事