冷え切った体を救う!代謝UPなバスタイムの過ごし方~GINGER読者のリアル報告

冷え切った体を救う!代謝UPなバスタイムの過ごし方~GINGER読者のリアル報告

GIINGERのサポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声...

GIINGERのサポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声とともにお届けする連載!

今回のテーマは、代謝を上げるバスタイムの過ごし方。暦の上では春を迎えましたが、まだまだ寒い日本列島。芯から冷え切った体を温めるためには、バスタイムの過ごし方を見直してみてはいかがでしょうか? お気に入りのバスグッズを駆使して、心も体もホットなバスタイムを過ごしましょう。 

【今井安紀さん】しょうがパワーですっきりバスタイムを実現!

寒い時期のバスタイムの味方といえば入浴剤。そのなかでもジンジャーが配合されているものは特に温め効果が高くて好きです。
昔、生活の木のジンジャーのエッセンシャルオイルを持っていましたが、それと塩を混ぜただけの簡易バスソルトでもかなりポカポカしたのを覚えています。

今季の一番のお気に入りバスソルトが「クナイプ バスソルト ユズ&ジンジャーの香り」です。
まず単純に個人的にゆずも生姜の香りも大好き!で大のお気に入り。お風呂に入れた香りはお高めのジンジャーエールのような香りで、冬のモヤモヤ感を吹っ飛ばしてくれます。
ショウガ根油が配合されているため温め効果も抜群。湯冷めもしにくいです。あまりにも好みすぎるのでぜひ来年の冬も販売して欲しい・・・!

同じくショウガ根湯が配合されているもので、汗をかいてすっきりサッパリしたい時に良かったのが「ハウスオブローゼ コリキュアーズ バスソルト」です。
こちらは豊富なミネラルを含んだ海塩がベースになっており、そこにアサイーエキスや生姜の成分が配合されています。こちらはかなり汗が出るので、汗をかいても大丈夫な体力がある、ちょっと元気があるときにオススメ。湯上りポカポカ、香りが意外にも癒やし系寄りなので寝る前にも良いです。

美GINGER No.003 今井安紀
フリーランスでさまざまな活動をしながら、プチプラからオーガニックまで幅広い美容アイテムを日々研究中。「女に生まれた以上一生美しく生きていこう」がモットー。インスタグラムはこちら

【泉ひとみさん】手っ取り早く温まりたいときにうってつけの2アイテム

我が家の浴室は玄関のすぐ近くなので脱衣所→お風呂がものすごく寒いのが悩み。なのでお風呂ではたっぷり温まって、なおかつ代謝も上がるアイテムが手放せません。

効率よく代謝アップするために使っているのはふたつ。
まずは定番!SABONのボディスクラブ。

もう何度もリピートしているお気に入りです。
サボンのショップの方のオススメの使い方として、週2日シャワーオイルで洗った後、全身をスクラブでマッサージ。
手や足の先から身体の中心に向かってキュッキュッとマッサージしながら肌を引き上げることで、寒さや乾燥で硬くなったお肌もふっくら柔らかくなり、血行も良くなるので代謝アップにも繋(つな)がります◎。

そしてバスタブにはバブエピュールが必須!

バスタブに入れると炭酸ガスが発生してシュワーっと発泡!

この超微細炭酸とエプソムソルトに発汗作用があるため、血流が促進されて代謝がアップするんです!
実際、使い始めてから入浴中に汗をかきやすくなりました。お風呂前には冷え切っていた末端冷え性の足先までしっかり温まってポカポカに♡
しっかり身体を温めてインフルエンザや風邪も予防したいと思います。

美GINGRE No.017 泉ひとみ
飲料メーカーの研究開発職として勤務。「体の内側からも美しく!」という想いで管理栄養士の資格を取得。現在は、“美味しくてカラフル、見た目も食感も愉しい料理”をモットーに、インナービューティも心がけた生活を送る。インスタグラムはこちら

関連キーワード

関連記事