筋トレなしでぽっこりお腹を改善!くびれを作るおすすめの座り方

筋トレなしでぽっこりお腹を改善!くびれを作るおすすめの座り方

モデルのように美しいくびれを手に入れてみたい!だけどジムに通う時間もお金もないし…となかなか行動に移せていない女性もいるのではないでしょうか?実はくびれは座り方を改善するだけで簡単に作ることができるんだとか。

これは気をつけたい!お腹に脂肪がつきやすい座り方とは?

お腹周りには臓器が集中しているものの、大事な臓器を守るための骨がないため筋肉が弱ってくるとその分脂肪をつけて守ろうとする性質があるんだとか…。まずはどのような座り方をしてしまうとお腹に脂肪がつきやすいかチェックしていきましょう。

【お腹に脂肪がつきやすい座り方とは?】
<猫背>
スマホやPCを触っている時に思わず猫背になってはいませんか?顎が前に出ており、背中を丸めた猫背の状態だとお腹や腰の筋肉に力が入らないため徐々にお腹周りや横隔膜周辺の筋力が弱ってしまうそうです。

<足を組む>
長時間足を組んでいると骨盤や背骨・肩甲骨の位置がずれてしまうそう。その結果、お腹周りを支える筋肉のバランスが悪くなり脂肪がつきやすくなります。また、足を組むことで骨盤が開きお尻が大きくなるため下腹部もぽっこりと出てしまうと言われています。

<背もたれに寄りかかる>
椅子に浅く座り、背もたれに寄りかかるような姿勢はお尻や下腹部の筋肉をほとんど使わないため、贅肉がついてしまうそうです。また、土台である骨盤も後ろに傾くため猫背の原因に繋がると言われています。

筋トレなしでくびれを作る座り方について

座りながらくびれを作るには「骨盤を立てること」が大切なポイントと言われています。骨盤を意識して座ることで骨盤の底にあるインナーマッスルが鍛えられ、子宮や胃腸といった体の臓器を正しい位置にキープできるんだとか。更にはお腹が引き締まり、美しい姿勢をキープしながら体全体のバランスも綺麗に整えやすくなるそうです。

【骨盤を立てて座るコツについて】
<椅子に深く座る>
椅子に座る時に前かがみになり、お尻を椅子の座面の一番後ろの位置に乗せるようにすると自然と骨盤が立つと言われています。

<肩、膝の左右水平を意識する>
肩、膝の左右水平を意識することで身体への負担が軽減されると同時に骨盤が立ちやすくなります。

筋トレなしでくびれを作る座り方をテーマにお届け致しました!ご興味がある方は是非一度お試しください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事