イライラ、ダルダルは食事で改善できる!効く食材はこれ⇩

イライラ、ダルダルは食事で改善できる!効く食材はこれ⇩

忙しく働く女性にとって、気分がイライラしたり、何かやる気が出なくてダルダル…なんてことは当たり前にありますよね。そんな気分を食べるもので解消でき...

忙しく働く女性にとって、気分がイライラしたり、何かやる気が出なくてダルダル…なんてことは当たり前にありますよね。そんな気分を食べるもので解消できる!と新宿溝口クリニック院長の溝口徹先生。今日から食べて、明日の元気へつなげましょう。

イライラ派は肉ファースト!

Licensed by Getty Images

「人間のエネルギー源は糖質と脂質ですが、日本人は米や麺などの糖質に依存しすぎているために調子を崩しやすいといわれています。また糖質は血糖値を上げやすいことが知られており、それを避けるために“ベジファースト”と呼ばれる食べ方が注目されるようになりましたね。

実際、食物繊維の摂取も高まる食事法ですが、それ以上におすすめしたいのが“肉ファースト”。お肉を先に食べることで糖質による血糖値の急上昇を防ぐだけでなく、女性に不足しがちなたんぱく質を確実に摂取することができるのです。

また、痩せたい人は、糖質を制限しながらの肉ファーストを。特に女性は鉄欠乏に陥りやすいうえに肉の摂取が少ないことも問題。また鉄の働きに欠かせないビタ ミンBはストレスで消費され、糖代謝でも使われる成分。赤身肉はこの2成分を含みますからオススメです(溝口先生)」

ダルダル派は寝る前に捕食を

Licensed by Getty Images

「良質な睡眠を取れず、朝からだるいという人におすすめなのが寝る前の補食です。夕食は脂質を摂りつつ、炭水化物などの糖質を減らすのを基本とし、食事から2時間以上経って睡眠するときには夜食を。

これにより夜間の低血糖を防ぎ、睡眠の質を高めることができます。寝る前に食べると太るといいますが、このほうが血糖値を下げるホルモンのインスリン分泌をさせず、脂肪合成がなくなるので、かえって痩せられると考えられます(溝口先生)」

焼き鳥の皮は、脂質が多く腹持ちがいいので夜食向き。もちろん食べすぎると太るので2〜3本にとどめて。また肉を食べると胃もたれするのは、 体質ではなく、胃腸の働きが低下していることが原因だそう。

明日への活力を前日にアップしておくのも、働く女性には必要なことです。

関連キーワード

関連記事