ホーリーバジルに期待できる美容・健康効果や使い方についてご紹介

ホーリーバジルに期待できる美容・健康効果や使い方についてご紹介

ハーブの女王とも呼ばれている「ホーリーバジル」。インドのアーユルヴェーダでは健康に良い植物として何千年にも渡って使われてきているんだとか。インナーケアに取り入れることで一体どのような効果が期待できるのか具体的にチェックしていきましょう。

ホーリーバジルとは?期待できる美容・健康効果

ホーリーバジルとはバジルと同じメボウキ属のハーブのこと。成長するとラベンダーのような花を咲かせ、香りが強いことも特徴の一つです。また、ポケットに入れておくと財運がUPするなど縁起の良いスピリチュアルな植物としても知られています。

【ホーリーバジルとは?期待できる美容・健康効果】
<アンチエイジング>
「オイゲノール」「ウルソール酸」「ロズマリン酸」「カルバクロール」といった抗酸化成分が含まれており、これらの成分が合わさることで若返りのホルモンと呼ばれている「DHEA」が活性されると言われています。

<デトックス>
ホーリーバジルには重金属などの異物の排出を促す働きがあります。重金属が溜まると血流が悪くなるため、疲労感が取れなくなったりクマ・くすみなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

【ホーリーバジルの使い方】
ホーリーバジルの使い方は一般的にハーブティーとして飲まれることが多いのですが、アイディア次第で炒め物やスープなどのレシピに応用することが可能です。また、ホーリーバジルをチンキ剤にするのもおすすめ。チンキ剤をお湯で薄めれば簡単にハーブティーになりますし、お手持ちの化粧品にも混ぜて使えると言われています。

ホーリーバジルを使ったおすすめの美容レシピ〜ガパオライス〜

タイの定番料理ことホーリーバジル入りガパオライスの作り方をご紹介します。上からトッピングする目玉焼きはトロトロの半熟に仕上げ、具材やご飯に絡めながら召し上がってください。

【ガパオライスの作り方】
<材料>
・白ご飯 茶碗2杯分
・鶏ミンチ 200g
・ホーリーバジル 5〜6枚
・玉ねぎ 1/2個
・赤パプリカ 1/2個
・黄パプリカ 1/2個
・ニンニク 1片
・目玉焼き 2個
・サラダ油 適量

<調味料>
・ナンプラー 小さじ1
・鶏がらスープ 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・砂糖 小さじ1

<作り方>
1.玉ねぎは細かいみじん切りに、パプリカは1cm程度のさいの目切りにします。
2.フライパンにサラダ油を熱し、薄切りのニンニクを加え炒めていきます。
3.ニンニクの香りが立ってきたら玉ねぎを炒めます。
4.玉ねぎの色が透き通ってきたら鶏ミンチを加えます。
5.鶏ミンチに火が通ったら赤パプリカ・黄パプリカを加え、しんなりするまで炒めていきましょう。
6.調味料を全て投入し、全体的に混ぜながら炒めます。
7.火を止め、手でちぎったホーリーバジルを加えてサッと混ぜ合わせます。
8.お皿に白ご飯を盛り付け、7をかけたら最後に上から目玉焼きをトッピングして完成です。

いかがでしたか?是非この機会にホーリーバジルを日々の食生活に取り入れ、内側から健康美人を目指していきましょう!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事