ベビーオイルは顔に塗ってもOK?意外と知らない使い方について

ベビーオイルは顔に塗ってもOK?意外と知らない使い方について

「ベビーオイル」と聞くと一般的に赤ちゃんのために作られたボディケアアイテムというイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか?ベビーオイルはちょっとしたアイディア次第で大人のスキンケアとしても様々な使い道があるのだそうです。

ベビーオイルは顔に塗ってもいいの?

ベビーオイルと言っても様々ありますが、例えば、ジョンソン(R)ベビーオイルの成分は、ほとんど「ミネラルオイル」からできているそう。このミネラルオイルは炭素・水素のみで構成された非常に安全性の高いオイルで赤ちゃんの肌はもちろん、大人のボディ〜顔まわりにも塗って良いと言われています。

また、ミネラルオイルは人間の肌に存在しないオイルなので肌には吸収されることなく肌の保護膜となり、化粧水の蒸発を防ぎやすくなるそうです。

ただし、ベビーオイルは肌の表面にとどまる性質があることから、塗りすぎると毛穴が詰まりニキビや吹き出物といった肌トラブルを引き起こしてしまう可能性も…。顔の保湿として活用する場合は使用する量に十分注意するようにしましょう。

ベビーオイルの意外な使い方

それでは早速、ベビーオイルの意外な使い方についてご紹介したいと思います。

【ベビーオイルの意外な使い方】
<洗顔料にプラス>
いつも使っている洗顔料を泡立て、1〜2滴のベビーオイルを混ぜましょう。洗い上がりはつっぱることなく、まるで保湿ケアしたかのようにモチモチの肌を実感できるそうです。

<クレンジング>
ベビーオイルの主成分であるミネラルオイルにはメイクで使われている油を分解する作用があると言われています。クレンジングする際は手にベビーオイルを適量出し、体温で温めた上でクルクルとマッサージするように馴染ませていきましょう。

<角栓ケア>
油は油同士で集まる性質を持つためベビーオイルを小鼻などに塗ることで角栓がベビーオイルの方へ移動し、毛穴汚れが綺麗に取れやすくなります。できれば蒸しタオルを顔にのせ、毛穴を事前に開いておくとよりスムーズに角栓が取れると言われています。

ベビーオイルを使ったスキンケア方法をテーマにお届け致しました!是非この機会にベビーオイルを活用し、お肌も心も潤わせてくださいね。

※出典:ジョンソン(R)ベビー公式サイト『大人のベビーオイル美容法ガイドブック』
https://www.johnsonsbaby.jp/Oil_beauty
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事