歯茎が黒い原因は一体何?おすすめのケア方法についてご紹介!

歯茎が黒い原因は一体何?おすすめのケア方法についてご紹介!

歯茎が黒い状態になると人目が気になり、日常的にストレスを感じてしまうもの…。鏡を見る毎にこれは何か異様なことなのかもしれない!とちょっぴり不安になってしまうものですよね。そこで今回こちらでは歯茎が黒い原因とそのケアについてご紹介致します。

「歯茎が黒い!」その原因とは?

歯茎が黒くなる原因は主に下記のようなものが挙げられます。

【歯茎が黒い原因とは?】
<飲食による着色>
コーヒーやワイン、カレーなど食品の中には着色性が強いものがあり、日常的に摂取することで歯茎が黒ずんでしまう可能性があると言われています。

<過度の歯磨き>
ピンク色の綺麗な歯茎に今すぐ改善したい!と歯ブラシで過度に磨きすぎてはいませんか?強すぎるブラッシングをすることでメラニンを作り出す細胞を刺激してしまい、結果として歯茎が黒くなってしまうそうです。

<口呼吸>
ポカンと口が開いていたり、口呼吸をしていると歯茎が乾燥してしまうため、通常であれば唾液によって洗い流されるメラニン色素がそのまま歯茎に沈着しやすくなるんだとか。

<血行不良>
運動不足や冷えによって血行の流れが悪いと歯茎の色が徐々に黒色を帯びてしまうそうです。

健康的な歯茎を維持したい!おすすめのケア方法

最後に健康的な歯茎を維持するおすすめのケア方法についてチェックしていきましょう。

【健康的な歯茎を維持したい!おすすめのケア方法】
<歯磨きのやり方を見直す>
歯の汚れを落とそうとゴシゴシ擦りすぎると歯茎を傷めてしまう可能性があると言われています。また、歯ブラシを強く押し当てても逆に汚れが落ちにくくなるんだとか。歯磨きをする際は歯ブラシの先を歯の表面や間に軽くあてるようにし、歯茎に近い部分は丁寧にマッサージするように磨くと汚れがスムーズに落ちやすくなると同時に、歯茎への負担を軽減できるそうです。

<指磨き>
指の腹を使ってクルクルとマッサージするように指磨きを行うことで血行が良くなり、歯茎の健康維持に繋がるそうです。

<生活習慣を改善>
睡眠不足やバランスの悪い食生活なども歯茎の色に大きく関わっていると言われています。これを改善し、健康的な生活習慣を送ることで歯茎の色も徐々に美しく変化していくそうです。

口元は意外と周りから見られているもの…。エチケットの一つとして是非この機会に歯茎ケアを強化してみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事