乾燥で手荒れがヤバ過ぎる!皮膚の負担を減らす食器洗い方法をご紹介

乾燥で手荒れがヤバ過ぎる!皮膚の負担を減らす食器洗い方法をご紹介

暖かくなってきたとはいえ、まだまだ乾燥が続く季節。冬の間でダメージを受けた手を美しく保つのは、なかなかむずかしいですよね。とくに食器洗いなど水回りの作業は手にとって過酷なもの。そんなときは皮膚の負担を減らす洗い方で手荒れを防ぎましょう!

手荒れは乾燥が原因?食器洗いで荒れる理由とは?

手や指先がしなやかでキレイな人は、魅力的に見えるもの。文字を書いたり、物を渡したり、握手をしたり。手はコミュニケーションに欠かせないパーツであり、女性らしさが伝わりやすい場所です。

ですが、一方で年齢が出やすいパーツでもあります。その理由は露出してることが他の体のパーツよりも多いこと。季節問わず紫外線を受けることも。

そしてなにより、手や指を使ってさまざまなことを行うので、ダメージを受ける機会が多いんですよね。

なかでも食器洗いなどの水回りの作業は、手荒れを引き起こす原因になりやすいです。食器洗いをしていると、お皿やコップ、調理器具などの汚れとともに、手の皮脂や角質まで落としてしまうこともあり ます。

そうすると保湿成分が失われ、乾燥が進んで皮膚を守るバリア機能が低下してしまいます。これが食器洗いによる手荒れの要因です。しかし、ちょっとした工夫で手荒れを予防することができるのです!

お湯はNG?手の乾燥を防ぐ食器洗いには水を使おう!

まずは、基本ですが落ちにくい汚れがついた食器はつけ置きをしましょう。汚れを簡単に落とせるので、食器洗いの時間を短くすることができます。

また、食器洗いにはお湯ではなく、水を使用しましょう。なにを隠そう、このお湯こそ手荒れの原因と言われています。お湯を使用すると毛穴が開いて脂分が落ちてしまうため、刺激を受けやすい状態になってしまいます。バリア機能も大きく低下するので、水が冷たくて苦手であれば、せめて低温のぬるま湯などで洗いましょう。

また手荒れがひどい人は、ゴム手袋などで手を保護して食器洗いするのも手ですが、ゴム手袋内に雑菌が繁殖しやすいので、定期的にゴム手袋を洗うことも忘れずに。

そして洗剤の選定も重要です。界面活性剤が入っている洗剤は手荒れしやすいので、シャボン玉石けんなど、手に優しい洗剤を使用して見てください。

食器洗いのあとはハンドクリームなどで、しっかり乾燥を防いで潤いを与えてください。年齢を感じさせないキレイな手を目指しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事