1日20粒がお約束!アーモンドで、ダイエットもアンチエイジングも可能!?

1日20粒がお約束!アーモンドで、ダイエットもアンチエイジングも可能!?

健康ブームを背景に人気沸騰のナッツ類。ただカロリーが気になる女子も多いのでは? アーモンドは一粒当たり約6kcalと決して高カロリーなわけではな...

健康ブームを背景に人気沸騰のナッツ類。ただカロリーが気になる女子も多いのでは? アーモンドは一粒当たり約6kcalと決して高カロリーなわけではなく、すごいのはその栄養価。他のナッツに比べて糖質が少ないうえに、アンチエイジングや代謝アップに効果的なビタミンEや、食物繊維が圧倒的に豊富。脂肪燃焼ビタミンともいわれるビタミンB2や血流を促進するオレイン酸、肌の構成成分であるミネラルも多く含まれるなど、ダイエットだけでなく美容効果も侮れません。

さらにアーモンドには、脂肪を体内に吸収させるリパーゼという酵素の働きをブロックする効果も。少量で満腹感を得られるため、食事前に満腹感を満たすアーモンドダイエットなるものがあるほど! まさしくアラサー世代に不可欠なヘルシーフードなんです。

おやつにつまむだけでなく、料理にも

日本ではナッツの中で断然人気のアーモンドとはいえ、韓国では日本の2倍、欧米では3倍ものアーモンドを食事に取り入れながら食しているとか。砕いてサラダやヌードルにトッピングするほか、クルミ味噌ならぬアーモンド味噌で野菜を和えたり、魚やエビ、小芋にスライスアーモンドをまぶしてフライにしたりなど、レシピは限りなく無限。

1日20粒程度を目安にいただくのが理想だそうです。目安の量をいただけば、1日に必要なビタミンEの摂取が可能だとか。

国内のナッツ業界を牽引する東洋ナッツ食品では、風味を閉じ込める効果があると独自開発したドラムロースト製法により、味や食感、風味のよいナッツを生産、販売しているそう。

以前はおつまみとして主流だったオイルローストしたアーモンドが、美容、健康ブームを受けて、最近は無塩のドラムローストに人気が集中。仕事中の間食としていただけば、満腹感も得られるうえ、美容にもいいこと尽くし♪

低カロリーのアーモンドミルクで代用も

アーモンドは粒だけでなく、アーモンドと水をミルサーで砕いてアーモンドミルクにして飲むことで、同等の効果を得ることも! 牛乳とは違って乳糖やコレステロールも含まないので低カロリーで、そのまま飲んでも、蜂蜜やメープルシロップなど好きな味を加えてもOK。

飲むだけでなく、グラノーラやフルーツにかけるなど食べ方はお好みで。ナッツの濃厚な風味が漂い、コクがあります。最近は市販のものもありますが、手作りするときにはアーモンドを一晩水に浸しておくのがポイント。朝食時にいただけば、お通じも期待できます。

セレブも夢中のアーモンドバターに注目!

レディ・ガガやミランダ・カーなど、アメリカの有名セレブたちの間でヘルシーフードの定番にもなっているアーモンドバター。トーストやフルーツにつけて食べたり、スムージーに入れて自然な甘さと香ばしさをプラスしたり、野菜スティックのディップにしたりと、食べ方は人それぞれ。
こだわりはアーモンド100%で無添加、無塩、無糖ということ。何にでもつけて食べるだけとお手軽なので、一度試してみても。

GABA含有量10倍の発芽アーモンドが誕生

東洋ナッツ食品が独自で開発した「mininal発芽アーモンド」50g¥378(税込み)が、昨秋より販売開始。この発芽アーモンドは、通常の生アーモンドに比べて約10倍ものGABAを含有。GABAとはγ-アミノ酪酸を意味し、リラックスをもたらす成分として知られているもの。最近ではGABAを含む食品として、チョコレートでもお馴染みかもしれません。アーモンド自体からGABAを引き出しているため、食事からしっかり栄養を取りたいと考える人にピッタリです。
チャック付きのお手軽サイズなので、多忙な生活の中でも移動や休憩中などにサッと取り出して食べられるのも便利です。

3月にアーモンドフェスティバルが開催

3月はアーモンドの花が咲く季節。桜とよく似た可憐な花は、一足早く春の来訪を感じさせてくれます。神戸にある東洋ナッツ食品の本社工場の敷地には約40本のアーモンドの木が植えられ、アーモンドの花が咲き誇る時季にフェスティバルが開かれています。

今年は創業60年目を迎える、第30回目のフェスティバルが3月23、24日に開催。昨年は2日間で2万8,000人もの来場者がいたとか。会場ではお花見ができるほか、ナッツ工場ならではのオリジナルナッツフードの提供や人気の揚げたてアーモンドの販売など、美味しいお愉しみも多数。毎年訪れる人も少なくないそうですよ。

東洋ナッツ食品
神戸市東灘区深江浜町30番地
https://www.tons-cafe.jp/

文/和多亜希

関連キーワード

関連記事