開封後の化粧水の使用期限はどのくらい?適切な保管方法について

開封後の化粧水の使用期限はどのくらい?適切な保管方法について

テクスチャーや保湿力がイマイチだったから…とそのまま放置している使いかけの化粧水。なんとなくもったいなくて捨てずにはいるものの、どのくらいの期間まで使って良いものか知らない方が意外と多いのではないでしょうか?

開封後の化粧水の使用期限について

化粧水をはじめとした基礎化粧品には基本的に使用期限が記載されていますが、箱や商品の底を見回しても期限が記載されていない場合は「製造から3年以上品質が安定する商品」という意味があるそうです。開封後の使用期限はメーカーによって異なり、添付文書などに明記されていることがありますが、2〜3ヶ月という例が多いと言われています。

また「使用期限を過ぎていても開封していなければ使えるか?」と言うと本来の効果が期待できないと同時に肌のダメージの原因になる可能性が考えられるためお勧めできません。

化粧水の適切な保管方法について

使用期限を守りながら使っていたとしても、保管方法を誤ってしまえば品質が劣化してしまうことがあるそうです。下記では化粧水の適切な保管方法についてご紹介致します。

【化粧水の適切な保管方法】
<温度>
化粧水を保存する際は直射日光の当たらない場所や高温多湿の場所を避けることが重要と言われています。高温になってしまうと化粧水に含まれる成分が変性する可能性があると言われています。また、ひんやりとして気持ちがいいからと化粧水を冷蔵庫に保管している方がいるかもしれませんが、こちらも温冷差が生じることによって品質劣化に繋がりやすいため控えるようにしましょう。

<開封日を記載>
化粧水を開封したら開封した日付をボトルに書いておくようにしましょう。そうすることで開封してからいつの間にか1年以上経っていた…ということを事前に防げるそうです。

<開封後は口部分をこまめに拭く>
化粧水を開封後は口部分に空気やホコリが触れやすくなり、雑菌が増える可能性があるため、化粧水全体にダメージが及ぶことを防ぐためにも使うたびに清潔なティッシュやコットンなどで口の部分を綺麗にふき取るようにしましょう。

いかがでしたか?化粧水の使用期限をテーマにお届け致しました!美しい肌を維持するには化粧水を「ナマ物」として取り扱うようにし、できるだけフレッシュな状態で使い切るよう心がけていきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事