乾き目は眉間のシワの元?毎日のアイケアで「疲れ目おブス」を卒業!

乾き目は眉間のシワの元?毎日のアイケアで「疲れ目おブス」を卒業!

目が乾いたり疲れたりしていると、目を細めたり、眉間にシワを寄せたりしがちです。あなたも、知らず知らずのうちに「疲れ目おブス」になっていませんか?疲れ目は、毎日のケアで症状が重くならないうちに撃退しておきましょう!

「疲れ目」が「眉間のシワ」を呼ぶ!?

仕事でPCに向かっていると、いつの間にか眉間にシワが寄ってしまっていることはありませんか?まぶたが重い、目が乾燥している、目がしょぼしょぼしているなど、こうした諸症状は疲れ目のサイン。疲れ目が原因で「あの人、仕事中は険しい雰囲気だよね…」なんて同僚に思われているかもしれませんね。

疲れ目というのは、ものを見る際にピントを合わせるための目の周りの筋肉が疲れてしまうことがそもそもの原因なのだとか。その疲れを引き起こしてしまうのが、以下のような事柄だと言われています。

<疲れ目の原因>
・PCやスマホ、TVなどの画面を長時間見続ける
・まばたきが少ない、またはドライアイである
・眼鏡やコンタクトの度が合っていない
・ストレス、過労や睡眠不足

PCやスマホなどの明るい画面を長時間じっと見ていると、一定距離にピントを合わせたままになってしまい、目の筋肉が緊張して疲労につながるのだそう。目を動かすのではなく、じっと見続けることで疲れてしまうんですね。その際に自然とまばたきが減り、さらに目が疲れてしまうこともあるのだとか。ほかにも、眼鏡等の矯正器具の度数が自分に合っていなかったり、過労などが原因でいつの間にか疲れ目になってしまうこともあるようです。

簡単疲れ目ケアで明るい表情に!

今は「疲れ目」で済んでいる方も、そのままにしておくと目の痛みや吐き気などを伴う眼精疲労を引き起こすことになってしまうと言われています。疲れ目の自覚がある方や先にご紹介した原因に心当たりのある方は、毎日疲れ目のケアを行うのがおすすめです。

<気を付けよう!疲れ目ケア>
・PCやスマホ、TVを長時間見る際は、1時間に10分程度の休憩をとる
・PCやスマホ、TVを見ながら定期的に目薬を差すようにする
・眼科医に定期的に通い、メガネやコンタクトの度数が合っているか確認する
・睡眠時間や栄養をしっかり確保する
・寝る前に蒸しタオルなどで目の周りを温める

以上のようなケアは、特別難しいものではなさそうですね。しかし、これらのケアをコツコツと確実に行うのが意外に大切なのだとか。特に、上の2つは面倒でもしっかり行うようにしてみましょう。目を休めながら音楽を聴いたり、アロマを楽しんだりといった工夫を楽しむのも疲れ目ケアを無理なく続けるコツです。「スマホがないとイライラする!」といった生活はすぐに見直すことをおすすめします。

しかめ顔の「疲れ目おブス」もNGですが、眼精疲労になってしまうのはなんとしてでも避けたいところ。自分の目を大切に、毎日ケアを行っていきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事