美しいなめらか手肌を保つために!フェイスケアのようなハンドケアを

美しいなめらか手肌を保つために!フェイスケアのようなハンドケアを

手は意外にも周りから見られている部分。手を頻繁に洗ったり、気づかずに紫外線に当たったり、常に動かしているためダメージを受けやすいと言われています。なめらかですべすべの手肌を手に入れるためにも、丁寧なお手入れをしていきましょう。

なめらかでしっとりとした手を保つハンドケアのポイント

手は常に露出しているため、乾燥や紫外線などの外部から刺激を受けやすいと言われています。また、手は年齢が現れやすいためどんなに頑張ってフェイスケアをしていても、手だけで見た目年齢が左右される場合も…。手もフェイスケアと同じように優しく念入りにケアしてあげることが大切ですよ。

フェイスケアと同様に!毎日行いたい簡単ハンドケア

乾燥した手を保湿するために欠かせないのがハンドクリームですが、手肌がカサカサに乾燥したままの状態でハンドクリームを使うよりも、まずはフェイスケアのように化粧水で潤わせてからハンドクリームで蓋をすることで保湿効果が高まると言われています。刺激の少ないアルコールフリーの化粧水や、肌馴染みのいいさらりとした化粧水を手の甲に馴染ませて、ネイルオイルやネイルクリームで爪先の保湿ケアをしてからハンドクリームを塗っていくといいでしょう。ハンドクリームを塗るついでに指先に向かってマッサージをしてあげると血流が良くなってくすみ予防にもつながります。

特に寒いこの時期は、手を洗ったあと速やかに水分を取り、その都度ハンドクリームを塗ることをおすすめします。また、手がごわついているときや、くすんでいる方は週に1回を目安にスクラブで古い角質を取り除くケアをするのも効果的。スクラブケアをしたあとは、顔用のシートマスクを手の甲に乗せて、ビニール手袋をはめて数分待つと潤った手肌に近づけますよ。

そして、手の甲にシミを作らないためにも手の紫外線対策を忘れずに。特に運転をするときは、ガラスから紫外線が貫通してうっかり紫外線を浴びてしまうことがあるため気をつけてくださいね。水に濡れても落ちないウォータープルーフの日焼け止めをこまめに塗り直したり、紫外線対策用の手袋を使って紫外線から守ってあげましょう。

ハンドケアだけでなく、日常生活の中でも気をつけて!

手の保湿ケアだけでなく、普段食器洗いや掃除などの家事をするときにはゴム手袋を着用することも大切です。ゴム手袋を着ける前にハンドクリームを塗っておけば、スチーム効果によりふっくらしっとりとした手肌になれてハンドケアの時短にもつながりますよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事