植物性たんぱく質が豊富な「大豆製品」を食べて健康美人を目指そう!

植物性たんぱく質が豊富な「大豆製品」を食べて健康美人を目指そう!

大豆は、植物性の食品の中でもタンパク質を多く含む食材です。大豆が「畑の肉」と呼ばれているのはご存じでしょうか?そんな大豆には、健康維持に役立つ様々な効果が期待できます。今回は大豆の栄養や魅力についてご紹介していきます。

植物性たんぱく質が豊富な大豆の魅力とは?

大豆(乾燥)の約30%はたんぱく質からできているといわれています。この大豆たんぱく質は、必須アミノ酸がバランスよく含まれた良質なものです。大豆たんぱく質には、血中コレステロールの低下作用、肥満の改善効果などの生理機能があるといわれています。また大豆には、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸など様々な栄養素が含まれているにも関わらず、コレステロールを全く含んでいません。このようなことから大豆は自然のバランス栄養食ともいえます。

また、たんぱく質は人間の筋肉や内臓やなど体の組織などを作る成分であり、生命維持に不可欠な重要な栄養素です。必須アミノ酸をバランスよく含むたんぱく質を、栄養価の高い「良質のたんぱく質」と呼びますが、肉や卵はこの良質のたんぱく質を豊富に含む代表的食品です。一般に植物性食品のたんぱく質は栄養価が劣りますが、大豆のたんぱく質は肉や卵に負けない良質のたんぱく質を含んでいるといわれています。しかも大豆には他の作物よりずっと多い量のたんぱく質が含まれています。

大豆に含まれる成分には、
・総コレステロールを低下させる大豆レシチン
・ビフィズス菌を増殖させる作用のあるオリゴ糖
・抗酸化作用、またコレステロールなど血中脂質の低下が期待できる大豆サポニン
・骨粗しょう症の予防や更年期の不調を改善するといわれるイソフラボン
といった多くの機能性物質が含まれています。大豆には沢山の栄養素が含まれていますね。

大豆を使ったおいしいヘルシーレシピのご紹介!

【手作り豆乳ドレッシングで食べる大豆ときのこのサラダ】
<材料(1人前)>
・大豆の水煮 50g
・しめじ 30g
・エリンギ 30g
・アボカド 1/2個

<豆乳ドレッシングの材料>
・無調整豆乳 大さじ1
・ソイマヨネーズ 大さじ1/2
・酢 小さじ1/2
・塩胡椒 適量

<作り方>
(準備)大豆の水煮は水気を切っておきます。
1.しめじとエリンギは石づきを切り落とし、1.5cm角の角切りにし、鍋でゆでます。
2.アボカドも1.5cm角の角切りにします。
3.別のボウルにドレッシングの材料を入れ混ぜたら、大豆の水煮、1と2を入れて和えます。

食物繊維が豊富なキノコとアボカドも一緒に摂れ、大豆もたっぷり摂ることのできるお手軽サラダです。また、手作りの豆乳ドレッシングはノンオイルでもあるので、余分なカロリーもカットすることができます。

大豆の魅力についてご理解頂けたでしょうか?栄養素が豊富な大豆を沢山摂ることで、内側からの健康美人を目指してきましょう!

 Profile
<執筆>
山本 麻紀子(やまもと まきこ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・エステサロン店長。
延べ1万人以上の施術経験があり、エステティシャン歴8年。現在はエステに加えて食事のアドバイスなども合わせて行なっている。
ブログ:https://ameblo.jp/maki-totalbeauty

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

関連記事