「洗顔ブラシ」を使用するメリット・デメリットついてご紹介!

「洗顔ブラシ」を使用するメリット・デメリットついてご紹介!

最近ドラックストアでよく見かける「洗顔ブラシ」。「泡だてネットさえあれば十分なのでは?」とまだ使ったことがない女性もいることでしょう。こちらでは洗顔ブラシのメリット・デメリットについて具体的にご紹介致します。

「洗顔ブラシ」を使用するメリットとは

洗顔ブラシとは細く柔らかい毛を使った洗顔専用のブラシのこと。ブラシと聞くと刺激が強そう!というイメージを浮かべてしまうものですが、洗顔ブラシを使用することで肌を傷めることはないのでしょうか?

【洗顔ブラシを使用するメリット】
<毛穴が綺麗になる>
洗顔ブラシを使うことで手洗いだけでは落ちにくい毛穴の汚れ・皮脂の詰まりも綺麗に取り除くことできるそうです。

<ムラなく洗顔できる>
Tゾーンなどは入念に洗っていても髪の生え際やフェイスラインなどはついつい洗い忘れがち…。しかし、洗顔ブラシを使えば全体的にムラなく洗うことができ、洗い残しの心配がないと言われています。

<泡立ちが良い>
洗顔ブラシはキメ細かい生クリームのような泡を簡単に作りやすいので、普段自分の手で洗顔フォームの泡を立てるのが苦手という方に大変おすすめです。きめ細かい泡で洗顔することで肌への摩擦や負担を軽減する効果が期待できます。

「洗顔ブラシ」を使用するデメリット

最後に洗顔ブラシのデメリットについてチェックしていきましょう。

【洗顔ブラシを使用するデメリット】
<洗い過ぎてしまう>
洗顔ブラシは毛穴の奥までしっかりと洗えるというメリットがありますが、刺激に弱い目元や口元も小鼻や額などのTゾーンと同じように洗うと乾燥する可能性があるそうです。また、慣れるまでつい持ち手に力が入り過ぎて肌に負担をかけてしまうんだとか。どの部分をどのくらいの力加減で洗えば良いか早めにコツを掴んでいくようにしましょう。

<お手入れが必要>
通常であれば顔を洗い流すだけでOKですが、洗顔ブラシを使用した後は洗顔料が残らないよう綺麗に洗い流し、乾燥させる必要があると言われています。お手入れが十分でないと雑菌やカビが繁殖してしまい肌トラブルの原因になる可能性も…。

洗顔ブラシをテーマにお届け致しました。洗顔ブラシは使用方法をマスターすることでより健康的な肌へ改善できると言われていますので、是非自分自身にあった洗顔ブラシを見つけ、ワンランク上の美肌を目指してみてくださいね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事