食べてないのに、どうして太るの?それって、体内時計が影響してるかも。

食べてないのに、どうして太るの?それって、体内時計が影響してるかも。

海外旅行に行くと昼夜が逆になっているので体内時計がくるい、日本では日中眠くなったり、明け方に起きてしまいます。そのように体は細胞のひとつひとつが...

海外旅行に行くと昼夜が逆になっているので体内時計がくるい、日本では日中眠くなったり、明け方に起きてしまいます。そのように体は細胞のひとつひとつが過ごした日々の生活習慣を記憶しています。規則正しい生活を送ることは大切です。プラスアルファで体のしくみを正しく知り、新習慣を取り入れることが、ムリなく健康に、美しく痩せられる基本です。

早起きはなぜ三文の得なのか?

Licensed by Getty Images

早起きすると、お風呂にゆっくり入れる、ウォーキングをしたり、化粧や朝食に時間をかけられる、など心に余裕を持てる理由はたくさんあります。“早起きは健康そう”というイメージ的なことではなく、実は倫理的な理由があるのです。

2017年、ノーベル生理学・医学賞に輝いたサーカーディアンリズムを生み出すしくみについての研究によると、体内時計は脳、臓器、ホルモンに働きかけ、痩せやすい体、太りやすい体に影響していたのです。
この研究に基づき『奇跡の体内時計ダイエット』(メディキューブ出版)の著者、予防医学指導士の稲川竜生氏は“食べていないのになぜ太り続けるのか?”の答えが「早起き・朝の食べ方・過ごし方」にあると説いています。

朝食とホルモンバランスの関係

Licensed by Getty Images

たとえば南国に行くと、体が太陽を求め朝6時には自然に目を覚まし、朝食をしっかり摂り、日中は超がつくほど活動的になります。夜11時には眠くなり、7時間はしっかり睡眠がとれるサイクルで理想的な生活習慣になるそう。ここには大きな3つのポイントが隠されているんです。

① 早起きし朝日を浴びる
朝9時までの朝日にはエネルギーがあり、細胞を起こし活性化してくれます。また、光を受け取ると体内時計がリセットされるのです。

② 朝食はアルカリ性のタンパク質や果物をしっかり摂る
朝の身体は酸性に傾いているので、アルカリ性の食品を多く摂ります。酸性に傾いている状態だと頭痛・眠気・肥満を招きやすいそうです。
しっかりアルカリ性のものを食べることで体の中がリセットされ、ホルモンも分泌され、1日の活動のパフォーマンスが上がるわけです。

③ 体温を上げて早寝する
低体温と睡眠不足は特に女性にとって大敵。自律神経は乱れ、ホルモンバランスが崩れ、免疫が落ちて肌トラブルやイライラしやすくなったり、翌日の食欲が増し肥満を招いてしまいます。お風呂で温まり寒い時期は布団の中に湯たんぽを忍ばせ、早寝し7時間は寝ましょう。

早寝・早起き・朝ごはん、この3点を心がけたいですね。

エネルギー溢れる健康美は、新習慣から作られる

生活習慣は人をつくり、人は生活習慣によって変わる。今まで諦めていたダイエット、情報がありすぎて何から取り入れていったらよいか分からない、ストレスなく痩せ、健康美を取り戻し自分らしく輝きたい。そんな方にはこの新習慣をぜひ試していただきたいです。

文/いわせ直美

関連キーワード

関連記事