加齢により目立ちやすい、たるみ毛穴と開き毛穴のお手入れ方法

加齢により目立ちやすい、たるみ毛穴と開き毛穴のお手入れ方法

毛穴に対する悩みは、年齢に関係なく多くの方が悩んでいるよう…。毛穴の悩みには大きく分けて、たるみ毛穴・開き毛穴・黒ずみ毛穴があります。この記事では毛穴悩みの中でも特に改善しにくいと言われている、たるみ毛穴と開き毛穴のお手入れ方法をご紹介!

ぽっかり目立ちやすい…たるみ毛穴と開き毛穴になる原因

たるみ毛穴は、年齢と共にだんだん気になってくるのですが、肌のハリや弾力をサポートする真皮のコラーゲンやエラスチンの繊維が細くなり、表皮を支える力が弱まることが大きな原因だと言われています。表皮がたるむことで重力に逆らえなくなり、毛穴もしずく型のように長く伸びてしまうのです。

開き毛穴は、過剰分泌された皮脂が毛穴の外にどんどん出ようとして毛穴が広がることが原因だと言われています。分泌された皮脂には汚れが付きやすく、そのまま放っておくと肌がゴワゴワしてしまうので注意が必要ですよ。

たるみ毛穴・開き毛穴を改善するスキンケアポイントとは?

ファンデーションでもカバーしにくく、ハリや弾力の低下が原因で起こるたるみ毛穴には、水分と油分をバランスよく補うことが大切です。水分と油分のバランスが整った肌をキープすることで次第にキメが整い、毛穴がふっくらとして目立たなくなりますよ。たるみ毛穴にはさっぱりとした化粧水や美容液よりも、エイジングケア用の基礎化粧品がおすすめです。定期的にシートマスクを取り入れ、乱れた肌のキメをふっくらとさせていきましょう。化粧水と美容液で潤いをたっぷり与えたら仕上げにクリームを重ねて、しっかりハンドプレスをしてよく馴染ませます。

皮脂の過剰分泌により起こる開き毛穴のお手入れは、まず毛穴に詰まっている皮脂をホットタオルで温めてからクレンジングや洗顔で取り除いていきます。毛穴詰まりの原因となる角栓の大半はタンパク質でできており、冷たい水だけでは取り除くのが難しいと言われています。そのため、ホットタオルで肌を温めてから、オイルクレンジングや酵素洗顔などを利用して毛穴詰まりを改善していきましょう。

クレンジングや洗顔後は、コットンに化粧水をひたひたに含ませて、顔全体に馴染ませたあと開き毛穴が気になる部分にコットンパックをするのも効果的。乳液やクリームなどの油分を付け足す際には毛穴が開いている部分は控えめにつけるといいでしょう。

メイク前にはスキンケアが終わったあとに、保冷剤をハンカチに包んで開き毛穴に5~10秒当てると毛穴がきゅっと引き締まり、ベースメイクのノリがよくなりますよ。

毛穴悩みに合わせたスキンケアで毛穴レス肌に

毛穴のタイプを確認したら、自分の毛穴に合わせたスキンケアをしていきましょう。 毎日継続して根気強く毛穴ケアをすることで、毛穴が目立たなくなっていくはずですよ。 

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事