「下まつげの存在感」だけでデカ目に?まつげケアとメイクポイント

「下まつげの存在感」だけでデカ目に?まつげケアとメイクポイント

デカ目に見せるために濃いめのアイシャドウや上下にがっちりとアイライナーを引いたり、ボリュームを出すマスカラを重ね塗りする方も多いのではないでしょうか?でも、うっかり忘れやすい下まつげの存在感を出すことで目の大きさが全然変わってくるのです。

下まつげは目の大きさを左右する重要なパーツ!

アイメイクをするときに、上まぶたにがっつりアイシャドウを乗せたり、アイライナーを引いたりしていてもなぜか目が思うように大きく見えない…アイメイクが濃くなりすぎてしまう…という方は下まつ毛に重点を置いてみるといいでしょう。下まつ毛は産毛のように薄くて短いので、つい存在感が薄くなりがちですが、下まつげメイクをするのとしないとでは、目の大きさが変わってきます。

下まつげケアでボリュームアップさせるには?

下まつげが重要なのはわかったけど、短くてボリュームもないから上手くマスカラをつけられない、という方も少なくないのでは。そんな方は下まつげを念入りにケアしてスムーズに伸ばしていきましょう。

まず、欠かせないのが健やかなまつげの成長を助けてくれる栄養素を心がけて摂取すること。まつげの成長におすすめの栄養素は、乳製品や大豆などに含まれるタンパク質、卵黄などに含まれるビオチン、海藻類だと言われています。これをバランスよく摂ることで、まつげの成長サポートだけでなく美肌づくりにもつながりますよ。

そして、毎日ビューラーやマスカラを使っている方は、下まつげに大きな負担がかかるため、しっかりケアすることが大切。ポイントリムーバーで擦らないようにアイメイクを完全に落としたら、ホットタオルやホットアイマスクで目元を温めましょう。そしてまつげ美容液を朝の洗顔後と夜のクレンジング後に塗布します。

下まつげが伸びてきたら、よりボリュームアップして見せるためのメイクを行うといいですね。下まつげは部分用ビューラーやホットビューラーを使って下まつげの根元から毛先に向かうように少しずつカールをつけていきましょう。

下まつげにマスカラを塗る際は、スクリューブラシでまつげの絡まりをほぐしてから、マスカラ液を軽くティッシュオフして根元から毛先に向かって放射線状に塗るのがコツ。もっとボリュームや長さを出したい場合には、マスカラを立てながら1本ずつゆっくり塗布していくとマツエクのような綺麗な仕上がりになりますよ!

下まつげの存在感を出してくりっとしたデカ目に

今まで下まつげの存在を意識していなかった、という方は下まつげのケアをしっかり行いつつ、ビューラーやマスカラを活用してデカ目効果を実感してみてはいかがでしょうか?きっと見違えるほど自然なデカ目に見えて驚くはずですよ!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事