クレンジング時間はどのくらいがベスト?つっぱらないメイクオフ方法

クレンジング時間はどのくらいがベスト?つっぱらないメイクオフ方法

メイクをしている日は絶対欠かせないクレンジング。肌に負担をかけたくないから、とささっとクレンジングを済ませていると、しっかり落としきれずに肌トラブルの原因になってしまうことも。そこで、クレンジングのベスト時間や落とし方をご紹介します!

メイクをした日は必要不可欠!クレンジングの最適時間とは?

スキンケアの土台でもあるクレンジングですが、肌がかさつくのがこわいから、と短時間でパパッと済ませていたり、反対に、メイクをしっかり落とそうとして念入りに時間をかけすぎていませんか?クレンジングは、間違えた方法で行うと肌に負担をかけたり、肌トラブルの原因になってしまうので注意が必要です。

落ちにくく濃いメイクをした日は、毛穴の奥までしっかり落とそうとして3分以上かけてクレンジングをしていると、肌の乾燥を招いてしまう場合が。一般的に肌の乾燥を招きにくいクレンジングの時間は1分程度と言われています。クレンジングに3分以上時間をかけていると、クレンジング料が長時間肌の上に乗っているため、角質層が剥がれたり、つっぱり感を感じてしまうことがあります。そのため、1分程度を目安にクレンジングをしていくといいでしょう。

肌のつっぱりを防ぐ最適なクレンジング方法

クレンジングの目安時間は1分程度がベストだと言われているものの、本当にこのくらいで落ちるの?と疑問に思う方も少なくないはず。さらに肌の乾燥やつっぱりを防ぐためにはあるクレンジングのポイントを抑えておくことが大切です。

目元や口元をゴシゴシ擦ると色素沈着になってしまうため、まずは落ちにくいリップメイクやアイメイクをポイントリムーバーで落としておきましょう。顔全体のクレンジングをする前に、ホットタオルを当てて毛穴を開かせておくとメイク落ちが良くなりますよ。

クレンジングの量はケチらずに、説明書通りの適量〜やや多めの量を使い、手のひらに出して温めてから顔に乗せていきます。クレンジングの量が少ないと、肌に摩擦が加わってダメージがかかってしまうため気をつけてくださいね。

クレンジングをしていく順番は、皮脂の分泌料が多いTゾーン→額や顎→乾燥しやすい目元や口元、頬がベスト。力を入れずに丁寧にメイクを浮かせて、毛穴が詰まりやすい小鼻の脇は念入りにくるくると洗いましょう。クレンジングでメイクを浮かせたら、ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう!毛穴を引き締めるために冷水を使っている方も多いのではないかと思いますが、すすぎの段階で冷水を使うとメイク汚れが毛穴に詰まったままになってしまうことがあるため、ぬるま湯で流しましょう。

クレンジングの目安時間を守ってうるおい肌に

1分以内でクレンジングを終わらせるもなかなかメイクが落ちない気がしますが、アイメイクやリップメイクを先にポイントリムーバーで落とし、ホットタオルで毛穴を開かせることで顔全体のクレンジングの時間を大幅に短くすることができます。量やクレンジングの順序にも気をつけつつ、毎日のクレンジングを見直してみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事