旅行好き必見!飛行機内の乾燥から肌を守る、フライト中のスキンケア

旅行好き必見!飛行機内の乾燥から肌を守る、フライト中のスキンケア

お仕事や旅行、もしくは遠距離中の彼に会いにいくために、飛行機を日頃から使っている方もいるのでは。しかし、機内は想像以上に乾燥しているため、長時間乗っていると肌荒れの原因になってしまう可能性も…。フライト中にできるスキンケアのご紹介です!

機内の乾燥から肌を守る!水分補給とエアコンチェック

飛行機に乗っていて、目や喉が乾いたり、肌の乾燥を感じたことはありませんか?

特に長時間のフライトでは湿度が20%にも下がることがあるそうで、その湿度はなんと砂漠よりも低いのです!これは、離陸後の機内を地上の環境に近づけ乗客が快適に過ごせるように、気圧調整の装置やエアコンが作動し、徐々に湿度が下がることによるものだそうです。つまり、湿度の低下は避けられないということですね。

そこで、搭乗前から準備開始です。乾燥を感じる前から少しずつこまめに水分を取りましょう。搭乗してから機内サービスで飲み物を頼めますが、むくみ対策にもなるので搭乗前からのこまめな水分補給をおすすめします。なお、機内にはペットボトルのお水も持ち込めますが、開封したものは手荷物検査場で検査が必要になります。

次に、搭乗したら最初にチェックしたいのは、エアコンの吹き出し口。風向きを変えたり、吹き出し口自体を閉じてしまいましょう。風が直接当たると肌や目の乾燥はもちろん、体調にも影響があるので、要チェックです。また、機内で配られるおしぼりや、コップにお水を入れて置いておくだけでも湿度アップに。

機内の乾燥から肌を守る!すっぴん&保湿マスクでスキンケア

海外などの長時間のフライトの場合は、思い切ってお化粧を落としてしまいましょう。湿度を保つことが難しい機内で、バッチリメイクを崩さずに保つのは至難の技ですし、浮き上がった皮脂がメイクと混ざって肌に悪影響を及ぼすこともあります。さすがに、素顔のまま空港まで移動するのは気が引けるという方は、簡単に落とせる軽めのメイクにとどめておくと良いでしょう。

離陸し食事の時間が終わると、機内のライトが落とされるので、そこで、拭き取るだけのクレンジングシートや、水洗いする必要のないクレンジング剤を使ってメイクを落としましょう。どうしても、水で拭き取りたいという方は、機内でもらえるミネラルウォーターをコットンなどに染み込ませて拭き取るなどすると良いでしょう。そして、アイマスクや保湿マスクを上手に使って、お肌を機内の乾燥から守りましょう。

化粧品類の機内への持ち込みには「100ml以下の容器に入った液体物」で、「容量1リットル以下のジッパー付きの再封可能な透明プラスチック製袋」に入るもののみ、などの条件がありますので、詳細は予め航空会社の情報をチェックしておきましょう。

いかがでしたか?機内が砂漠以下の湿度になっているなんて、驚きですね!旅行先で肌の調子を気にせずに楽しむためにも、機内のスキンケアをしっかり行いましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事