妊娠初期の気になる肌荒れ…原因は何?おすすめの改善法について

妊娠初期の気になる肌荒れ…原因は何?おすすめの改善法について

遂に待望の我が子を妊娠…!しかし、妊娠すると嬉しいことばかりだけでなく、つわりや便秘、些細なことでイライラしたりと様々な不調を感じてしまうもの。同時に妊娠初期は肌荒れなども表れやすくなるのですが、具体的な原因は一体何なのでしょうか?

妊娠初期に起こりやすい肌荒れの原因

妊娠初期には「ニキビ」「毛穴の黒ずみ」「肌のごわつき」など生理中に多い肌荒れを感じる女性が多いと言われています。そのほか、急激に肌が敏感になりこれまで使っていた化粧品が合わなくなってしまうことも…。しかし、つわりが徐々におさまってくる妊娠12〜16週頃には肌の状態も安定してくるそうです。

【妊娠初期に起こりやすい肌荒れの原因】
<ホルモンバランスの変化>
妊娠初期は「プロゲステロン」という黄体ホルモンが活発化し、皮脂の分泌量が増えやすくなります。生理前にニキビができたりイライラするのもこのプロゲステロンが関係しているんだとか。また、ホルモンバランスが変化することでターンオーバーも乱れがちに…。その影響で古い角質が肌に溜まりやすくなり、乾燥肌やくすみ、ごわつきなど様々な肌トラブルを引き起こしてしまうそうです。

<水分不足・栄養不足>
妊娠初期はつわりがひどくなりやすいため、十分な食事や水分が摂れないことがあると言われています。人によってはご飯のにおいを嗅ぐだけで気分が悪くなることもあるそうです。体内の水分が不足すると肌が乾燥したり、偏食気味になると栄養不足になりニキビや吹き出ものができやすくなります。

妊娠初期の肌荒れを改善するおすすめのケア方法

妊娠初期の肌トラブルが気になるようになったら、普段のスキンケアや生活習慣を一度見直してみましょう。

【妊娠初期の肌荒れ、ケア方法とは】
<スキンケア用品を変える>
ホルモンバランスの変化によって肌質そのものが変わることがあるそうです。肌への負担を減らすためにも無添加のオーガニック化粧品や敏感肌用のものなど自分にあった商品に変えてみると良いでしょう。

<水分を積極的に摂る>
肌の乾燥が気になる方はこまめに水分補給するようにしましょう。できれば1日2リットルを目安に摂るのが理想的と言われています。

<ビタミンCの摂取>
ビタミンCは肌の代謝を促進する働きがあるため、ターンオーバーが乱れがちな妊娠初期は積極的に摂取すべき栄養素なんだとか。ビタミンCは苺・キウイなどの果物、野菜だとパプリカ・ブロッコリーに多く含まれているそうです。

<低刺激の衣類を選ぶ>
体にかゆみが出ている場合、肌に直接触れる服や下着は低刺激の生地を選ぶようにしましょう。特に下着の紐やレースが原因でかゆみ・かぶれを感じる妊婦さんが多いと言われています。妊娠中はマタニティブラやマタニティショーツを着用することをおすすめします。

妊娠初期の肌荒れをテーマにお届け致しました!ホルモンバランスが乱れやすいこの時期は多くの妊婦さんが肌荒れを経験すると言われています。ただ、あまり悩みすぎるとストレスになってしまい、肌荒れが余計に悪化してしまう可能性も…。ママに肌荒れが起こるということはそれ程優先的に赤ちゃんに水分が送られている証拠なので「これから元気な子が生まれてくるんだ!」とできるだけポジティブにとらえるようにしましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事