「重曹風呂」とは?期待できる効果や作り方・注意点についてご紹介

「重曹風呂」とは?期待できる効果や作り方・注意点についてご紹介

お掃除や料理で大活躍してくれる万能アイテム「重曹」。ここ数年TVや雑誌でも紹介される機会が多く、ちょっとした重曹ブームにもなっているようですね。また、重曹は使い方次第で肌にも嬉しい効果が期待できます。今回は、重曹風呂のやり方をご紹介します。

重曹風呂に期待できる効果

「重曹風呂」と聞いてもあまり馴染みがないかもしれませんが、ドラッグストアで手に入る入浴剤の主成分は重曹(別名:炭酸水素ナトリウム)なんだとか。また、重曹自体は値段もリーズナブルなので気軽に購入しやすいというメリットがあります。

【重曹風呂に期待できる効果】
<皮脂汚れが落ちやすい>
重曹風呂に浸かることで肌表面の不要な皮脂や角質が取り除かれ、お肌がすべすべになると言われています。そのほか、殺菌作用もあるためニキビなどの肌トラブルを改善する効果が期待できるんだとか。

<体臭を防ぐ>
重曹はお湯に溶かすことでアルカリ性に傾き、酸化した汗や皮脂の臭いを中和することができるそうです。

重曹風呂の作り方や注意点

重曹風呂の作り方はとても簡単!浴槽のお湯(200リットルが目安)に大さじ1〜3杯程の重曹を混ぜるだけでOKと言われています。また、香りが欲しい場合はお好みのエッセンシャルオイルを数滴垂らしたり、グレープフルーツなどの果皮を入れても良いですね。

【重曹風呂に入る際の注意点】
<適量を守ること>
重曹はたくさん入れれば入れるほど効果が高まるというわけではないそうです。アルカリ性が強くなりすぎて、肌に負担をかける可能性もあるため使用量には十分注意しましょう。

<保湿ケア>
重曹風呂は肌が乾燥しやすいので、入浴後はしっかりとシャワーで洗い流しお手持ちのボディクリームで保湿ケアするようにしてください。

いかがでしたか?重曹風呂をテーマにお届け致しました。また、重曹風呂の残り湯はバス小物のお手入れに活用できるそうです。お風呂上がりに洗面器や椅子をそのまま浸けておき、翌日スポンジでささっとこすれば湯垢や汚れが綺麗に落ちてピカピカに!重曹風呂に入れば肌だけでなく、風呂掃除の手間も省きやすくなり一石二鳥ですよ。ご興味がある方は是非一度お試しください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事