オーラルケアに最適なキシリトールガム!1日に何回噛めばいいの?

オーラルケアに最適なキシリトールガム!1日に何回噛めばいいの?

「デート前のエチケット」「虫歯を防ぐために」等々、様々な目的で普段からガムを持ち歩いている女性が多いことでしょう。歯の健康維持のためにはキシリトールガムが良いとよく耳にしますが、具体的には1日にどのくらいの量を噛むべきなのでしょうか?

オーラルケアに「キシリトールガム」を噛むメリットについて

キシリトールとはそもそも何かというと、トウモロコシの芯やシラカバからとれる「キシラン・ヘミセルロース」を原料として作られた天然素材の甘味料のこと。砂糖と同程度の甘みを持っていますが、カロリーは非常に低くダイエット中も比較的安心して口にしやすいという特徴があります。

【キシリトールガムを噛むメリット】
<ミュータンス菌の減少>
キシリトールガムを噛むことで虫歯の原因であるミュータンス菌の活動性を低下させ、繁殖を防ぎやすくなります。ミュータンス菌は元々糖分を餌として生活していますが、キシリトールを体内に取り入れてもエネルギーに変えることはできないそうです。

<唾液量が増えやすい>
キシリトールの甘みによって唾液の分泌量が増えると言われています。唾液が増えることで虫歯菌ことミュータンス菌が出す酸を中和する働きが高まり、エナメル質の再石灰化が促進されより丈夫な歯へ改善できるんだとか。

キシリトールガムは1日に何回噛めばいいの?

虫歯を防ぐことを目的としてキシリトールガムを活用する場合、「キシリトール100%配合」のものを1日に3回、食後に1粒ずつ噛むようにしましょう。具体的には歯磨き前に5〜10分程じっくり時間をかけて噛むと良いそうです。虫歯ができやすい方は毎食後と合わせて間食後と寝る前の1日5回噛むことをおすすめします。

また、キシリトールガムを噛むと約2週間から1ヶ月程で歯石が徐々に減りはじめ、3ヶ月間噛み続けることで虫歯になりにくくなるそうです。ただ、その後すぐにやめてしまうと再びミュータンス菌が増殖し、虫歯になる可能性があるため継続的に噛み続けるようにしましょう。

キシリトールガムをテーマにお届け致しました!キラキラと輝く美しい歯を手に入れるためにも是非「噛むサプリ」としてキシリトールガムを日常的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事