いったいどんな香り?「宇宙の香り」の入浴剤が登場

いったいどんな香り?「宇宙の香り」の入浴剤が登場

様々な香りのある入浴剤。しかし「宇宙の香り」の入浴剤があることはさすがにご存知ない方の方が多いでしょう。この「宇宙の香り」の入浴剤を開発したのはなんと天体望遠鏡など光学機器メーカーを作る企業。一体、どんな香りなのでしょうか。

宇宙の香りってどんな香り?

無重力空間の宇宙。重力もなければ酸素もないこの宇宙空間ですが、そこに「香り」というものは存在するのでしょうか。

実際、宇宙には香りというものが存在しているといわれ、宇宙飛行士が船外活動の際に着用していた宇宙服は、宇宙ステーションに戻るとフルーツのような香りに包まれているそうです。

その香りの正体は「ギ酸エチル」という成分。ラズベリーやパイナップルなどのフルーツに多く含まれていて、様々な香りの原料としても使用されています。

宇宙の香りをイメージした入浴剤

この「ギ酸エチル」をイメージした入浴剤が、3月1日から発売されました。その名も『Scent of Cosmo ネビュラバス』。発売元は、天体望遠鏡など光学機器メーカーを作っている企業だというから、ちょっと本格的な感じを受けますね。
湯船に入れると、湯気と一緒にふんわりと「宇宙の香り」が浴室に広がります。
また、ミルキーパールカラーのバスビーズと星型のバスペタルが入っており、バスビーズがお湯に溶けると湯船はパールがかった不思議な色に。

そしてバスビーズよりもゆっくりと溶けるバスペタルは石鹸成分でできているため、勢いよくシャワーをかけるなどすると泡がもこもこと立ち、自宅で手軽にバブルバスを楽しむことができます。

香りだけでなく、名前にも、星座や星団名が施されていたり、星型のバスペタルが入っていたりと、宇宙空間をイメージさせる仕掛けがつまったこの入浴剤。いつもと違ったお風呂体験ができそうですね。お子さんがいる方なら、「宇宙の香りってどんな香り?」と、お子さんの興味を駆り立てるきっかけになるかもしれません。
なんとも不思議な「宇宙の香り」、ぜひお試しあれ。

関連記事