海外セレブの最旬小物!簡単に女子力UPなヘッドアクセを即マネ

海外セレブの最旬小物!簡単に女子力UPなヘッドアクセを即マネ

モナコ公妃グレース・ケリーやダイアナ元妃など、今は亡き伝説のロイヤルレディから、お嬢様コーデの代名詞=海外ドラマ「ゴシップガール」のブレアまで、...

モナコ公妃グレース・ケリーやダイアナ元妃など、今は亡き伝説のロイヤルレディから、お嬢様コーデの代名詞=海外ドラマ「ゴシップガール」のブレアまで、ヘッドアクセはプリンセスルックになくてはならない名脇役小物。
最近では英国のキャサリン妃やユージェニー王女など、リアルプリンセスたちが愛用しているだけでなく、プラダが2019春コレクションで発表したオーバーサイズのヘッドバンドを筆頭に、ファッショニスタの間でもブームになっているようです。

キャロライン・ダウアー

Licensed by Getty Images

まずはプラダのイベントに集った、おしゃれセレブの着こなしから。

金ボタンが光るレトロシックなプラダの新作コートをまとった、ドイツの人気インフルエンサー、キャロライン。シアーソックスとマニッシュな厚底シューズで今っぽい要素をプラスしながら、ブラックサテンのヘッドバンドでガーリーに仕上げています。

スタイリッシュな女らしさを発揮するモノトーンバッグは、ベラ・ハディッドなど、イットガールがこぞって愛用中の「シドニー」。

オリヴィア・カルポ

Licensed by Getty Images

まさに「ゴシップガール」のブレアをお手本にしたような、グッドガール風モノトーンコーデのオリヴィア。

クリーンなホワイトのプリーツスカートには、シアーなブラウスとソックスを合わせることでセンシュアルに、辛口なゴールドスタッズがキラキラ光るプラダのヘッドバンドをアピールして、主役小物にしています。

ワンハンドルのクラシカルなハンドバッグもモノトーンでリンクして、大人っぽさも忘れずに。こちらはヴァレクストラのもの。

アレクサ・チャン

Licensed by Getty Images

デニムと白シャツという永遠のカジュアルアイテムをイベント仕様にアレンジした、英国のファッションアイコン、アレクサ。

光沢感のある端正なブラックコートでハンサムに、メリージェーン×薄黒ストッキングという足元でひとひねり。プラダのアイコニックなナイロンバッグとラブリーなリボン付きのカチューシャで差し色した赤がとても効いていますね。

少女っぽいエッセンスとメンズライクなテイストのミックスモードは、アレクサの得意技!

レオニー・ハンネ

Licensed by Getty Images

インスタフォロワー数200万に迫る勢いのドイツ出身ロンドン在住ファッションブロガー、レオニー。2月に行われたファッションウィークでは、最旬小物ヘッドバンドをフル活用!

ロベルト・カヴァリのコートとイザベル・マランのブーツでスネイクonスネイクを実践したこの日は、ディオールのサドルバッグとソックスとカラーリンクさせた、プラダのグリーンサテンのヘッドバンドをチョイス。

スパイシーなコーデも一気にレディライクに見えますね。

Licensed by Getty Images

パリでは、パステルピンクのジマーマンのスーツに、シフォンのプリントブラウスでニュアンスを出したレオニー。

ビッグサイズのロジェ・ヴィヴィエのピンクサテンバッグがインパクト抜群! すっきりまとめたヘアのアクセントにしたブラックヘッドバンドは『ゴシップガール』でもたびたび登場していたヘッドアクセブランド、ジェニファー・ベアのもの。

クールなワイドパンツに、あえて女らしくクラシカルな雰囲気を演出するテクニック、新鮮です。

Licensed by Getty Images

最後はピンク~オレンジのグラデーションが春らしいシフォンスカートをメインにスタイリングした、レオニーのフェミニンルック。

プリンセス気分なパステルピンクのヘッドバンドもプラダのもの。サファリジャケット風のデザインで引き締まるホワイトコートや、キトゥンヒールがポイントになるオフホワイトブーツで軽快に。

小さくても存在感たっぷりなルイ・ヴィトンのピンクバッグで遊びゴコロをプラスする、モードのさじ加減も絶妙ですね。


子供のころ、カチューシャをするとお姫様気分になれたように、いくつになっても女子のハートをくすぐるヘッドアクセ。きれいめなスタイルにはもちろん、カジュアルなコーデにも“仕上げはヘッドバンド”が、この春はお約束のようです。

文/江口暁子


関連キーワード

関連記事