カサつき乾燥ボディをしっとりうるうるにさせる簡単ボディケア

カサつき乾燥ボディをしっとりうるうるにさせる簡単ボディケア

身体が乾燥したまま放っておくと、つらいかゆみの原因になってしまうため、しっかりと保湿ケアを行う習慣を身につけることがとても大切です。そこでもちもちのしっとり肌に近づけるおすすめのボディケアをご紹介致します!

ボディの乾燥は放置せずに早めのケアをすることが重要

お風呂上がりや日中など、身体が乾燥して悩んでいる方も少なくないはず。毎日お風呂で身体を洗うとき、丁寧に手のひらで包み込むように洗うことも大切ですが、一番のポイントはお風呂上がりの保湿ケア。ボディクリームを効率よく使ってフェイスケアのようにしっかりと保湿をしていくことから始めましょう!

間を開けずにボディクリームで速やかな保湿ケアを!

ボディクリームの効果をより発揮させるなら、お風呂上がりや紫外線を浴びたあとなどに、速やかに塗り込んでいくことがポイントです。特にお風呂上がりの肌は、水分がついて潤っているようにみえますが、水分の蒸発と共に肌の潤いも逃げやすいとき。なるべく濡れたままの肌にボディクリームを塗り込んで、肌が乾燥している時間を短くしていきましょう。ボディクリームを塗り込む際には、ムラなく身体全体に伸ばせるように手のひらで温めてから優しく広範囲に広げていきます。ボディクリームをたっぷり取って円を描くようにマッサージするのも効果的ですよ。

また、身体の保湿ケアもフェイスケアと同じように肌の状態に合わせたものや肌の悩みに対応してくれるものを選ぶのもおすすめです。膝や肘などの黒ずみが気になる方は、美白成分入りのボディクリームを、乾燥しやすいデコルテや首元、腕などには高保湿のこっくりとした油分多めのクリームを選んでいくといいですね。

ボディクリームだけではなかなか乾燥が改善されないという方は、お風呂から出て濡れた状態の肌にブースターとして美容オイルを伸ばすのも効果的。美容オイルをブースターとして使うことで、肌がしっとり柔らかくなり、そのあとに使うボディクリームの保湿力が高まるとも言われていますよ。

自分の肌にぴったりのボディクリームでしっとり艶やか肌へ

腕や脚などの肌は顔に比べると露出は少ないものの、衣服の摩擦によって知らない間にダメージを受けていることがあるため、香りよりも保湿成分の豊富なものを選ぶとより乾燥予防につながります。もう一度ボディクリーム選びを見直して、乾燥対策にぴったりの商品探しをしてみるのもおすすめですよ!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事